2017年3月期 第2四半期 決算説明会

2017年3月期 第2四半期 決算の概要

2017年3月期 第2四半期決算 総括

第2四半期の決算の総括として、売上高は前年比177億円の減収、計画比112億円の減収となりましたが、営業利益では計画に対して18億円の増益となり、前年比でも若干の増益となりました。

2017年3月期 第2四半期決算 セグメント別概況

売上高は円高の影響もあり、水産事業で142億円、食品事業で54億円の減収となりました。営業利益は、サケ・マス価格の上昇により南米の養殖事業の収益が好転したこともあり、前年比若干の上乗せで着地しました。

主な営業利益増減要因

前年と比べ、北米の水産事業では助子の減産やフィレ市況の悪化がありました。また、食品事業では家庭用冷凍食品の販売苦戦があり、大きく減益となりました。しかし南米のサケ・マス養殖事業は魚価の回復により、大きく増益となりました。また、国内事業はニッスイ個別の水産事業と食品事業が順調に推移しました。

セグメントマトリックス 売上高(前年同期比)

円高の影響が大きく、177億円の減収となりました。エリア別には北米の減少幅が大きく、為替の影響だけでなく現地通貨ベースでも売り上げを落としているという状況です。

2017年3月期 海外グループ会社 売上高増減額(前年比)

通貨別に売上高の為替、および為替以外の影響を表示したものです。USドル建ての円高影響が大きく、合計で180億円の減収要因となりました。また、現地通貨ベースでの売り上げ減少が合計で86億円となりました。

セグメントマトリックス 営業利益(前年同期比)

エリア別の営業利益の増減では、日本の食品事業が堅調に推移し増益となりました。北米では、水産事業・食品事業ともに減益となり、南米では、水産事業の好転により増益となりました。

連結損益計算書(前年同期比)

営業外損益は為替差損、投資有価証券売却益の減少、持分法投資損益の現象により悪化しました。経常利益は16億円減少し、92億円となりました。特別損益は投資有価証券売却益の減少、投資有価証券評価損の発生により16億円の減益となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は46億円で、前年比21億円の減益となりました。

連結貸借対照表(前期末比)

総資産は4,390億円で前期末比50億円減となりました。固定資産のうち投資有価証券が株式市況の低迷により90億円減少しました。純資産は公募増資により139億円増加しましたが、円貨による為替換算調整勘定の減少、株価低迷により有価証券評価差額金も減少し、82億円の増加となりました。自己資本比率は20.2%から22.4%に上昇しました。

連結キャッシュフロー(前年同期比)

四半期純利益・減価償却費用を主な原資とする、営業活動によるキャッシュフローで設備投資等の支出を賄っています。公募増資による資金は、この期間においては長期借入金等の返済に充当しています。今後の設備投資に活用していきます。

連結借入金・純金利負担

キャッシュフローについて、公募増資を実施した結果、借入金は2,162億円となり、前期末比164億円と大きく減少しました。低金利が続き、純金利負担が抑えられたことで、営業利益も増加していることから、対営業利益純金利負担率は大きく改善しています。

水産事業

水産事業の売上高は円高の影響により142億円と大きく減収となりましたが、営業利益はサケ・マスの魚価好転もあり、南米のサケ・マス養殖事業の在池魚評価も大きく改善し、前年比増益となりました。

水産事業 売上高・営業利益(前年同期比)

SA社について、サケ・マス相場が回復基調にあり、在池魚評価が12億円改善しました。赤潮の発生により原魚コストの増加がありましたが、大きく増益となりました。国内の養殖事業は原魚コストの増加により、やや減益となりました。また、加工・商事の部分では、北米のスケトウダラ事業が、助子の減少とフィレ市況の低迷で約7億円と大きく減益となりました。

水産事業 ニッスイ個別(前年同期比)

個別水産の売上高数量は横ばいですが、引き続き在庫管理の徹底や粗利率の改善などから増益を確保しました。主要魚種の利益進捗も順調に進んでいます。

食品事業

食品事業は北米で円高の影響や競争激化により苦戦しましたが、国内事業においてチルド事業など大変順調に推移いたしました。

食品事業 売上高・営業利益(前年同期比)

加工事業について、北米のゴートンズは強豪との価格競争で苦戦をしており、特に第1四半期の販売不振により減収減益となりました。一方、K&Pについては減収ですが、主力商品の原料であるエビの価格が安値で推移したこともあり増益となりました。また、ヨーロッパのシテマリン社につきましては、増収ではありますが、原材料費の高騰、販促費の増加等により減益となりました。また、チルド事業について、コンビニ向けのチルド弁当やサラダ等の販売が伸び、増収増益となりました。

食品事業 ニッスイ個別(前年同期比)

個別の食品事業は、冷凍食品やちくわなどの練り製品で増収となりました。円高効果、すりみの原料安、コスト削減等により増益となり順調に推移しています。

ファインケミカル事業

ニッスイ個別について、医薬原料は政府のジェネリック促進策の影響が継続しており、減収となりました。機能性原料、機能性食品は、減益となっています。また、日水製薬については、臨床診断薬、産業検査薬などで販売が好調でしたが、原価率の悪化により減益となりました。

物流事業

大阪の舞洲物流センターを新設し、営業を開始しました。売上高は増加しましたが、営業利益は減価償却費および初期費用の発生により、減益となりました。

2017年3月期 見通しについて

2017年3月期 通期業績見通し(連結)

年間計画については、売上高と営業利益を修正しました。売上高については、円高による海外グループの会社の減収を織り込み、下方修正しました。営業利益については、上期実績に南米のサケ・マス養殖事業の好転要素等を勘案し、上方修正しました。この結果、前年比では減収となりますが、営業利益は前年並みを確保する見込みです。なお、見直しに使用した、為替レートは1ドル100円で算出しました。(※期初の計画は、1ドル120円で算出)

2017年3月期セグメント別年間修正計画(対期初公表計画比)

売上高については、円高の影響を受け、期初計画から、水産事業で216億円、食品事業で86億円の減収を見込んでいます。営業利益については、期初計画から、水産事業で11億円、食品事業で9億円の増益を見込んでいます。一方、ファインケミカル事業では若干ではありますが3億円の減益を見込んでいます。

水産事業 年間修正計画

下期において、チリで養殖事業を行っているSA社では大幅な増益を見込んでいます。これは、チリの国内のサケ・マスの供給不足、あるいは天然物の不良を背景に販売価格が回復していることによります。一方で、北米事業は魚価の低迷やカニ漁獲枠削減等により、大変厳しい状況にあり、減益を見込んでいます。

水産事業【養殖事業の高度化】

水産事業について、養殖事業の高度化ということに取り組んでおり、境港で銀鮭の養殖を実施したところ、養殖実績が良好だったことから、さらにもっと長い期間供給したいということで、佐渡においても徐々に始めております。
また、弓ヶ浜サバについて、黒瀬ぶりで培った技術で早期採卵に取り組んでいます。このサバについては、人工飼料で育てることで天然のサバに含まれるアニサキスという寄生虫のリスクを少なくしております。アニサキスを全く気にせず刺し身で食べられるサバを作りたいということで取り組んでいます。
また、白姫えびについて、試験的に鹿児島でタンクを使って取り組み始めております。試験結果が良好であればこちらも拡大していきたいと考えています。
また、黒瀬ぶりについて、約半数を超える尾数が完全な人工種苗となっており、大変好評をいただいています。
また、マグロについて、完全養殖のマグロを来年の冬から出荷できる体制が整い、その翌年からは1万尾程の単位で供給できると考えています。
このように、今後は養殖事業についても、より積極的に推進していきます。

水産事業【養殖事業の高度化】

新日鉄住金エンジニアリング様と大規模沖合養殖システムについて取り組んでおります。人手をかけないで給餌できる仕組みについて、実証試験を共同で実施しているところです。
海が荒れてしまいますと給餌が困難になります。しかし、このような仕組みが完成すると、海が荒れてもこの設備に餌さえ供給しておけば、魚に自動で供給できるという利点があります。
現在、実証試験に入ったところですが、このように様々な業界からの参入もあり、さらにこの養殖事業が高度化していくのではないかと考えています。

食品事業 年間修正計画

食品事業の年間の営業利益は、期初の計画に対して9億円の増益を見込んでいます。ニッスイ単体では、上期は冷凍食品を中心に円高による輸入コストの減少等もあり、当初公表計画比で増益となりました。下期は値下げの要請や、消費者マインドの変化等を織り込み、多少固めに見込んでいます。海外については、北米の家庭用冷凍食品では、人員削減、組織再編、あるいは協力工場の提携の見直し等の手を講じていますが、上期に引き続き販売が弱含みの見込みで、厳しい状況が続くと予想しています。

食品事業(販売が好調な商品)

上期は大変好調に推移しました。既存の商品群はずっと好評いただいておりますが、新しい商品で、加工品、冷凍食品といったものが、独自の技術、原料、品質という面で好評をいただいています。ニッスイの商品開発力が、少ししっかりしてきたと、大変心強く思っております。

機能性表示食品

機能性表示食品について、だいぶ商品展開が遅れましたが、来春までに19品目の発売を計画しています。冷凍食品(業界では当社が初)、レトルト、缶詰、ソーセージなどに、『DHA+EPA900mg(星1個が150mgを表す)』といった共通ロゴを付け、「海から、健康EPAlife」という共通のブランドを付けてやっていこうと考えています。
現在は中性脂肪を下げるという訴求点だけですが、EPAやDHAについては、それ以外の効能についても現在申請しており、今後は商品の幅を広げ、消費者の役に立つ商品を引き続き販売していきたいと思っています。

食品事業【惣菜化・即食への対応】

コンビニエンスストアのベンダー事業についても様々な変化が起こっています。今後も、惣菜化や即食というようなことを踏まえ、投資も含めて事業拡大をしっかりと推進していきます。

ファインケミカル事業・物流事業 年間修正計画

ファインケミカル事業の年間の営業利益は、期初の計画に対して3億円の減益を見込んでいます。医薬原料は期初の計画と大きな変更はありませんが、機能性食品の通販事業がやや伸び悩んでいます。今後、新規媒体への広告宣伝を強化することで、新規事業を開拓していく予定です。また、物流事業について、年間営業利益は期初の計画に対して、2億円の増益を見込んでいます。上期の増益分が年間もほぼ残る見込みです。

ファイン事業【EPA】

写真は、鹿島にある建設中の医薬品工場です。外壁もこのように貼られ、当社のロゴも入っています。(2018年の稼働を目指します)
工場完成後、認証が取れましたら、医薬原料の生産能力を現状の倍まで増やすことが出来ます。現在、国内のみで行っている事業についても、工場完成をきっかけに海外にも踏み出し、より事業の拡大を図っていきます。

EPAの認知度向上に向けた活動

神奈川県が健康寿命日本一を目指すということで、EPAに注目しており、様々な取り組みを推進しています。日本水産も同じ目標を掲げており、タイアップをしていただいております。
当社でも、「EPA/AA比」という血液の組成値を用いています。これが高いほど心臓血管系については良いということで、全社員の健康診断で活用しています。このように、引き続きEPAの推進に取り組んでいきたいと考えています。

2018年3月期 MVIP2017進捗

中期経営計画MVIP2017:数値目標①

現中経MVIP2017の進捗について、現在が2年目となり、最終年度2018年度3月期は営業利益で230億円を計画しています。2016年度計画は昨年度を若干下回りましたが、修正を行い195億円まで引き上げました。この営業利益については、もう少し頑張って200億円を超えるようなところも達成したいと考えており、最終年度の230億円の達成に向け邁進していきます。

中期経営計画MVIP2017:数値目標②

KPIについて、EBITDA、自己資本比率、ROA、借入金を掲載しています。増資等の結果、借入金や、自己資本比率といったものは、17年3月期時点で超えているものもあり、おおむね予定通りに進捗しています。引き続き全ての目標達成に向け、しっかりと経営を推し進めていきます。今後とも、ご支援を賜りますように、皆様にお願い申し上げます。

見通しに関する注意事項