2017年3月期 決算説明会

2017年3月期決算の概要

2017年3月期サマリー

2017年3月期は、売上高は為替の影響で前期比12億円減収の6,359億円となりましたが、営業利益は32億円増益の226億円、当期純利益も19億円増益の142億円となり、いずれも過去最高益を達成することができました。
次年度は、売上高6,560億円で200億円増収。利益面では、営業利益240億円、当期純利益200億円と、営業利益、当期純利益とも過去最高益を更新する計画です。これを受けて、配当は当期6円から8円に2円増配予定です。

2017年3月期セグメント別概況

事業別セグメントの売上高と営業利益の表です。
売上高は、水産事業が円高の影響もあり、前期比68億円の大幅減収となりましたが、食品事業では21億円の増収となりました。
営業利益は、次のスライドでご説明します。

主な営業利益増減要因

主な営業利益の増減です。
北米では、水産事業が助子の減産およびフィレ・すりみ市況の悪化、食品事業が家庭用冷凍食品の販売苦戦により、大幅減益となりました。
一方、南米の鮭鱒の養殖事業が、魚価の回復により大幅増益、国内の食品事業も、ニッスイ個別やチルド事業を中心に増益となり、全体では32億円の増益となりました。

セグメントマトリックス売上高(前期比)

事業別・エリア別の売上高のマトリックス表です。
事業別には前ページでご覧頂きましたので、エリア別に見ますと、日本は前期比101億円増収と好調ですが、北米事業の不振や円高の影響もあり、北米・ヨーロッパとも減収、全体で12億円の減収となりました。

為替換算による影響額(売上高)

海外グループ会社の売上高に占める為替の影響を分析した表です。
前期比195億円の減収の内、約半分の96億円が円高による影響で、実質は約100億円の減収と言えます。

セグメントマトリックス営業利益(前期比)

同様の営業利益のマトリックス表です。
4ページでご説明した営業利益の増減要因を事業別・エリア別に表したものになります。

連結損益計算書(前期比)

連結の損益計算書です。
営業利益の内容はこれまでの説明のとおりですが、営業外損益で持分法会社に対する投資利益が改善し、経常利益は前期比41億円増益の248億円となりました。
特別損益では、前期にあった投資有価証券売却益の減少等があり、当期純利益は19億円増益の142億円となりました。

連結貸借対照表(前期末比)

連結貸借対照表です。
総資産は4,518億円と前期末比61億円増となりました。
投資有価証券の売却等で固定資産は減少しましたが、現預金が一時的に増加しています。
純資産は、円高による為替換算調整勘定の減少はありましたが、利益剰余金の増加に加え、公募増資も行なったことから、前期末比271億円増の1,412億円となりました。
自己資本比率も21.3%から26.8%に大幅上昇しました。

連結キャッシュフロー(前期比)

連結キャッシュフローです。
営業キャッシュフローが、設備投資等の支出を十分賄える規模になっており、公募増資による資金もあったことから、借入金等の返済を進めることができました。

連結借入金・純金利負担

借入金は2,077億円となり、前期末比249億円の大幅減となりました。
借入金の減少に加え、低金利が続いていることから、純金利負担も3億円減少しています。

水産事業

ここからは、各事業についてご説明します。
水産事業は、売上高が前期比68億円の減収となりましたが、営業利益は34億円の大幅増益となりました。
詳細は次ページ以降でご説明します。

水産事業売上高・営業利益(前期比)

【養殖】では、チリの鮭鱒の養殖事業で、第一四半期に赤潮の発生による販売数量の減少があり心配しましたが、販売価格の急速な回復と、それに伴う在池魚評価の改善もあり、大幅な増益となりました。
一方、国内の養殖事業では、まぐろの販売単価の下落、ぶりの販売数量減、鮭鱒の原魚コストの上昇などもあり若干減益となりました。
【加工・商事】では、北米のすけそうだら事業で、助子の減少とフィレ・すりみの市況低迷で大幅な減益となりました。
【ニッスイ個別】については次ページでご説明します。

水産事業ニッスイ個別(前期比)

ニッスイ個別の水産は、引き続き在庫コントロールを行っており、主要魚種を中心に全体の粗利率の改善も進んでいることから、前期比3億円の増益となっています。

食品事業

食品事業は、北米で苦戦しましたが、チルド事業を含めた国内は順調に推移し、売上高は前期比21億円の増収、営業利益は9億円の増益となりました。
詳細は次ページ以降でご説明します。

食品事業売上高・営業利益(前期比)

【加工】では、北米の家庭用冷凍食品を主力とするGorton'sで、最需要期である第1四半期の販売不振を通期でカバーできず、前期比で大幅な減益となりました。
ヨーロッパでは、販売数量が増加し、現地通貨ベースでは増益だったものの、為替の影響があり微減となりました。
【チルド】では、コンビニエンスストア向けのサラダや惣菜の販売が伸びるなど、引き続き順調に推移しており、増益となりました。
【ニッスイ個別】については次ページでご説明します。

食品事業ニッスイ個別(前期比)

ニッスイ個別の食品は、冷凍食品や練り製品の販売が好調で、売上高は前期比41億円増収となりました。営業利益も、生産工場の稼働率が上がったことや増収効果に加え、コスト削減などもあり、11億円増益となりました。

ファインケミカル事業

ファインケミカル事業は、売上高は前期比ほぼ横ばいでしたが、営業利益は6億円の減益となりました。
【ニッスイ個別】では、医薬原料は引き続きジェネリック促進策の影響を受け、販売数量が減少しました。また、イマークSを中心とする通販も伸び悩みとなり、前期比減収・減益となりました。
【日水製薬】では、臨床診断薬、産業検査薬などで販売が順調に推移し増収となりましたが、研究開発投資や製造原価の増加などがあり減益となりました。

物流事業

物流事業では、写真にありますとおり、 大阪舞洲センターが新たに稼働し、 4月から営業を開始しました。これにより、売上高は前期比増収となりましたが、減価償却費の負担増や初期費用の発生により、営業利益はほぼ横ばいになりました。

2018年3月期見通しについて

2018年3月期通期業績見通し(連結)

次に、来期の業績予想についてご説明します。
来期は中期経営計画MVIP2017の最終年度となります。お陰様で、ここ2年間は順調に推移してきました。
来期につきましても、これまでの好調を継続し、売上高は前期比200億円増収の6,560億円、営業利益は13億円増益の240億円、当期純利益は57億円増益の200億円を計画しています。営業利益、当期純利益共、過去最高益を更新する計画です。
尚、計画には、投資有価証券の売却益等30億円を特別利益として見込んでいます。

2018年3月期セグメント概況(前期比、中計比)

事業別セグメントの売上高と営業利益になります。
売上高は、各事業で前期比増収の計画で、特に食品事業では、ニッスイ個別やヨーロッパの伸長を見込み大幅増収になります。
営業利益は、水産事業で増益となりますが、ファインケミカル事業で減益を計画しています。

2018年3月期主な営業利益増減要因

前期との主な増減要素は、
ファインケミカル事業では、鹿島新医薬品工場の試験操業開始に伴う減価償却費や、イマークS等の通販事業の将来の成長に向けた広告宣伝費の投入を計画し16億円の減益、国内水産でも、漁撈事業の漁獲減や魚価の市況リスクを織り込み減益としています。
一方、南米の鮭鱒の養殖事業が、魚価の高値推移と養殖成績の改善により32億円の大幅増益、前期苦戦した北米も食品・水産共に業績の回復を見込み増益としています。
以上の結果、全体では、営業利益は前期比13億円の増益を計画しています。

2018年3月期水産事業

水産事業は、南米の鮭鱒養殖事業の好調の継続や北米のすけそうだら事業の回復により、売上高は前期比27億円増収の2,686億円、営業利益は25億円増益の105億円を計画しています。
新しい事業展開としては、下期から完全養殖本まぐろの販売を開始します。また、国内の養殖事業では、銀鮭を境港で1,900トン、佐渡で500トン計画しており、えびの陸上養殖も水揚げをスタートします。

水産事業会社別営業利益(3ヶ年推移)

会社別営業利益の3ヶ年の推移になります。
養殖は3年間で大幅に増益となる計画です。また、17年度は、赤字の会社がほぼ無くなる予定です。

2018年3月期食品事業

食品事業は、ニッスイ個別やチルド事業の好調の継続、北米のGorton'sの新規販売チャネルでの販売促進や生産性向上等による業績回復、ヨーロッパでの新たな事業展開(Caistor)などにより、売上高は前期比119億円増収の3,164億円、営業利益は2億円増益の114億円を計画しています。

食品事業会社別営業利益(3ヶ年推移)

チルド、ニッスイ個別は順調に推移する予定です。加工は16年度でGorton'sが苦戦しましたが17年度は回復を見込んでいます。

食品事業・ファインケミカル事業の融合【機能性表示食品】

機能性表示食品については、EPAの機能をより多くのお客様にお届けしたいと考え、冷凍食品や加工食品などの様々なカテゴリーに商品を投入しております。
今後は、EPAの「中性脂肪を下げる」効果以外にも品揃えを拡大していきます。
EPA・DHAの新機能として、「記憶力を維持する」新たな機能を訴求し、2017年内に3品を新商品として販売する予定です。
今後も、EPAの多面的効果を活用し、様々な訴求効果を広げていきます。

2018年3月期ファインケミカル事業

ファインケミカル事業は、先程ご説明したとおり鹿島新医薬品工場の減価償却費負担10億円と、通販事業への広告宣伝費24億円の投入により、営業利益は17億円減益の22億円を計画しています。
将来の成長に向けた積極的に経営資源を投入していきます。

2017年度ファインケミカル事業ニッスイ個別

ニッスイ個別の医薬品原料は、引き続きジェネリック促進策の影響を受けて、前期比減収を見込んでいます。
秋頃に予定されている米国での臨床研究REDUCE-ITの中間報告を受け、遅れることなく海外展開への対応ができる様、鹿島新医薬品工場は、検収、試験操業を滞りなくおこない、来年1月からの本番生産に向け準備していきます。

2017年度ファインケミカル事業ニッスイ個別

繰り返しになりますが、機能性食品は、ここ数年売上高の伸び悩みが続いていることから、抜本的に広告宣伝等販促を見直し、当社にとっては非常に大きな金額である20億円台の経営資源を投入し、売上高の早急な拡大を目指します。

健康経営への取組みを通じたEPAの認知度向上に向けた活動

今年の3月に「健康経営宣言」を発表いたしました。
EPAを活用し、社内外に向けて健康への取り組みを図ってまいります。
社外との取り組みについては、神奈川県とのタイアップも行っております。
また、5月18日よりプロ野球の菊池雄星選手が当社のサポートアスリートとしてFacebookに登場するなど、EPAを様々な形で広めていこうとしております。

2018年3月期MVIP2017進捗

中期経営計画MVIP2017の進捗

中期経営計画MVIP2017に対する業績の進捗状況です。
売上高は為替の影響もあり未達の見込みですが、営業利益は中計を上回る計画をしています

中期経営計画MVIP2017 財務戦略と進捗

財務戦略に関する進捗状況です。
好調な業績による営業キャッシュフローの増加に加え、昨年実施した公募増資の効果もあり、設備投資や株主還元に充当するとともに、有利子負債の削減を引き続き進めていきます。
この結果、自己資本比率などのKPIも達成する見込みです。

投資計画推移(事業別-完成ベース)

設備投資の中計との比較です。
中計の3年間で700億円の設備投資(支払ベースでは670億円)を計画していましたが、約770億円(支払ベースでは約700億円)となる見込みです。
増加の主なものは、水産では飼料事業の拡大を目指し設立したファームチョイス関連、食品ではチルド事業の伸長に対応するための日本クッカリーの能力増強等になります。

見通しに関する注意事項