買収防衛策

当社は、平成21年6月25日開催の第94期定時株主総会における株主の皆様のご承認に基づき、当社及び当社企業グループの企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を確保し、向上させることを目的として、当社の財務及び事業方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針に照らし、不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取り組みの一つとして、当社株券等の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策-以下「本プラン」といいます。)を導入しております。
本プランの有効期限が、平成26年6月26日開催の第99期定時株主総会(以下「本定時株主総会」といいます。)の終結時をもって満了を迎えるにあたり、その後の情勢変化等を踏まえ更なる検討を加えた結果、当社は、同年5月15日開催の取締役会において、本定時株主総会での承認を前提に、本プランを一部変更して継続することを決定し、本定時株主総会で株主の皆様にご承認をいただきました。

(ご参考)2014年5月15日 東京証券取引所開示書類
当社株券等の大規模買付行為への対応策(買収防衛策)の継続について