ニッスイ鹿島工場の新設について

2006年9月29日

日本水産株式会社(代表取締役社長 垣添 直也)は、ファイン・医薬品分野の強化を目的として、茨城県神栖(かみす)市に鹿島工場を新設するため、9月27日、大日本インキ化学工業株式会社との間で土地の売買契約を締結しましたのでお知らせします。

ニッスイは今年度より新TGL計画をスタートさせ、この中で「研究・開発」と「メーカー機能」に経営資源を集中して成長を目指すこととしております。このたびの鹿島工場はこの方針に沿って新設するもので、医薬、機能性素材および飼料分野に向けた高度の魚油精製技術や、新たな素材に向けての新技術と最新のシステムを導入してゆく拠点となります。
あわせてこの分野におけるグループ内の機能の統合と集中化をすすめ、事業を高度化し収益力を革新していく基幹工場と位置づけています。

特に新TGL計画の成長のドライバーのひとつであるファインケミカル事業においては、この工場を医薬・機能性油脂を製造しているつくば工場と連携させて、同事業全体の技術革新と生産力の強化を図りたいと考えています。

なお、1期工事は医薬品およびその副生産物の製造設備、2期工事として、機能性食品、化成品等グループファイン分野の製造設備の機能統合と拡大を考慮した設備投資を計画しています。高度不飽和脂肪酸関連のほか、キチン・キトサン誘導体や海産物由来のワックスやコレステロールなど医薬、栄養分野のほか化粧品分野への展開を強化してゆきます。

ご参考

本件に関わる中期経営計画の内容については本年4月6日に行った説明会資料をご参照下さい。
(アドレス:http://www.nissui.co.jp/ir/management_policy/mvip/index.html

工場の概要について

名称
日本水産株式会社 鹿島工場
所在地
茨城県神栖市東深芝18番地(鹿島臨海工業団地内)
土地面積
30,000平方メートル
建物面積
約2,100平方メートル(事務棟・工場棟)
投資額(第1期)
土地・建物・設備 約30億円
稼動開始時期
2007年4月

以上