南米ブラジルにおけるニッスイグループの事業拡大について

2010年5月25日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 垣添 直也)は、Nippon Suisan America Latina S.A.(当社100%所有、本社:チリ サンチャゴ市、以下NAL社)の連結子会社であるDesarrollo Oceanico S.A.(以下、DOSA社)を通じて、ブラジルに本社を置くNetuno International社の設立に参画し、ブラジルでのティラピア及びえびの養殖事業並びに同国での水産物加工販売事業に参入することとなりましたのでお知らせいたします。

Netuno International社は、ブラジル国最大の養殖・水産物加工販売会社であるNetuno Alimentos社とDOSA社によって設立され、Netuno Alimentos社の全事業を継承いたします。DOSA社は最終的にUS$15百万を負担して、Netuno International株式の50.1%を保有することとなり、ニッスイグループは初めてティラピア養殖事業に進出し新たな資源アクセス力を取得するとともに、南米最大の人口を擁する新興市場での販売力を更に拡大することとなります。

今回の投資は、中期経営計画(新TGL計画:2006年 ~2011年)の方針に沿ったものであり、戦略的な養殖分野への進出と新市場への展開を同時に可能にすることで南米でのローカルリンクス、さらにはグローバルリンクスを強化し、ニッスイグループの事業を拡大してまいります。

なお、ブラジルでのニッスイグループ企業は、06年に投資した水産食材の販売会社であるNordsee(ノードシー)社(本社:ブラジル サンパウロ市)に次ぐ2社目となります。

1. 新会社の概要

名称
Netuno International S.A. *ネチューノ社
本社
ブラジル連邦共和国 ペルナンブコ州 レシフェ市
代表者
Mr.Sergio Colaferri (CEO) *セルフィオ コラフェーリ氏
出資日
2010年5月31日(予定)
株主
DOSA社50.1%, Netuno Alimentos社49.9%
売上高
R$200百万(年間予想)、(US$111百万 R$1.8/US$) *R=リアル
事業内容
養殖事業(ティラピア、えび)、水産物の輸出入並びに国内販売、水産調理冷凍食品の製造・販売
主要商品
ティラピア、えび、ロブスター、メルルーサフィレー、ほきフィレー、えびや白身魚を原料としたバッター付け/パン粉付け等の加工品
販売先
ブラジル国内 約70%、米国及び欧州 約30%

※(参考)

①Netuno Alimentos社の概要

名称
Netuno Alimentos S.A.
本社
ブラジル連邦共和国 ペルナンブコ州 レシフェ市
代表者
Mr.Sergio Colaferri(CEO) *セルフィオ コラフェーリ氏
創立
1989年
資本金
R$75百万(2009年度)
株主
Mr.Sergio Colaferri,Mr.Hugo Campos,Mr.Alexandre Colaferri 66.7%
BNDESPAR(ブラジル国立経済社会開発銀行投資部門)33.3%
売上高
R$103百万(2009年度)

②DOSA社の概要

名称
Desarrollo Oceanico S.A.(DOSA)
本社
チリ共和国 サンチャゴ市
代表者
Mr.Mario Inostroza (President) *マリオ イノストローザ氏
創立
2007年10月1日
資本金
880,466千ペソ(09.12.31時点)約160百万円
株主
NAL社、DERIS社 *構成比は非公開
売上高
4,648,333千ペソ(2009年度確定)約849百万円

以上