「カップdeレンジ」シリーズ3月1日(金)より全国で発売開始

2013年2月28日

特許出願中の新技術で野菜のシャキシャキ感がそのままに
カップごと電子レンジで調理できる冷凍中華麺

「カップdeレンジ」シリーズ3月1日(金)より全国で発売開始

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 細見 典男)は、家庭用冷凍食品のカップ入り冷凍中華麺「カップdeレンジ」シリーズの「野菜たっぷりあんかけラーメン 醤油味」と「野菜たっぷりあんかけラーメン 塩味」を、3月1日(金)より全国で発売いたします。また、4月より首都圏エリアでテレビコマーシャルを放映いたします。

【商品写真】「野菜たっぷりあんかけラーメン 醤油味」・「野菜たっぷりあんかけラーメン 塩味」

「カップdeレンジ」シリーズは、カップごと電子レンジで調理できる具付き麺で、カップに水を200ml入れ、電子レンジにかけるだけでそのまま食べられる簡便性が特長です。独自技術「3層シャキシャキ構造」(特許出願中)により、電子レンジ調理後でも野菜のシャキシャキ感が損なわれずにお召し上がりいただけます。

発売の背景

当社調査では、主婦の60%以上が昼食に冷凍食品を利用し、麺類の中ではパスタ、中華麺の人気が特に高いことが分かりました。多くの主婦が昼食にレンジ調理などの「簡便性」を求める一方、冷凍パスタには「野菜不足」への懸念を抱いていることから、電子レンジで簡単に調理ができ、野菜をたっぷり食べられる冷凍中華麺を発売し、主婦のランチニーズに応えていきます。事前に行われた主婦約100人へのモニター調査では、「野菜がシャキシャキしている」という回答が90%近くとなり、続いて「購入したい」74%、「冷凍中華麺のイメージが変わった」71%となりました。この商品の特長である「簡便性」と「野菜の食感」が主婦に高く評価されました。

独自技術「3層シャキシャキ構造」について

従来は調理時の麺と具材の解凍バランスが難しく、解凍後に野菜のシャキシャキ感が損なわれるという課題がありました。新技術「3層シャキシャキ構造」は水を200ml入れた時に、麺の部分までが浸るように設計されているため、電子レンジ調理後の野菜のシャキシャキ感を残すことに成功しました。

【図】3層シャキシャキ構造

1.商品概要

商品名 容量/カロリー 商品内容
「カップdeレンジ」
野菜たっぷりあんかけ
ラーメン 醤油味
325g(1人前)
311kcal
えび・いか・あさり・野菜など11種類の具材入り。時間をかけてじっくり炊き出した国産の鶏骨スープをベースに、醤油の風味が豊かなほんのり甘い味付けのスープに仕上げました。
「カップdeレンジ」
野菜たっぷりあんかけ
ラーメン 塩味
325g(1人前)
292kcal
えび・いか・あさり・野菜など11種類の具材入り。時間をかけてじっくり炊き出した国産の鶏骨スープをベースに、かつおや昆布のだしをバランスよく配合したコクのあるスープに仕上げました。

2.発売日

2013年3月1日(金)

3.商品特長

  • 水を入れて、カップごと電子レンジで調理できる具付き麺です。
  • 電子レンジ調理後でも野菜のシャキシャキ感をお楽しみいただけます。
  • カップのまま食べられるので、後片付けが簡単です。

4.価格

オープン価格

5.発売地域

全国

6.販促・広告活動

2013年4月より首都圏エリアでテレビコマーシャルを投入予定

以上