「EPA+(エパプラス) 豆乳クッキー」テレビCM放映のご案内

2013年4月18日

2013年3月1日発売 「抹茶ラテ味」「ブルーベリー&クリームチーズ味」
青魚のサラサラ成分を、サラサラ星人から地球の女性たちへ

「EPA+(エパプラス) 豆乳クッキー」
テレビCM放映のご案内

2013年4月19日(金)より放映

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 細見 典男)は、「EPA+(エパプラス)豆乳クッキー」のテレビCMを首都圏エリアで4月19日(金)より放映いたします。

「EPA+(エパプラス)豆乳クッキー」は、青魚のサラサラ成分である EPA(エイコサペンタエン酸)を女性に、おいしく手軽に食べて欲しいという思いをこめて発売しました。ご好評いただいている「バナナ味」「チョコレート味」に加え、2013年3月1日(金)より「抹茶ラテ味」「ブルーベリー&クリームチーズ味」の2品を新たに発売しました。テレビCMでは「EPA+(エパプラス)豆乳クッキー」を食べたサラサラ星人が地球人にその魅力を紹介するというユニークなCMになっています。

EPA+(エパプラス) サラサラ星人篇(CM)

EPA+(エパプラス) サラサラ星人篇(CM)

CMストーリー

「ヘイ、地球人」と、おしゃれでキュートなサラサラ星人が、サラ語で地球の女性たちに EPA+(エパプラス)豆乳クッキーで、おいしく手軽にEPAを摂取することができることを伝えます。サラサラ星人がひとくち食べるとそのおいしさにじっとしていられなくなり、「サラサラサラサラ・・・」と口ずさみながら軽快な音楽とともに回り出すというストーリーです。

ニッスイ TVCMのご紹介URL

サラサラ星人について

EPA210星雲に暮らしているサラサラ星人は、おしゃれが大好き。一説には姉妹であるとも言われています。年頃な二人は、EPA+(エパプラス)豆乳クッキーをこよなく愛し、日頃からEPAを摂取しています。地球人には、「サラサラ」としか聞こえないサラ語は、サラサラ星人の研究施設であるRASAの全面協力によって字幕翻訳されました。

EPA+(エパプラス)について

EPA+(エパプラス)豆乳クッキーは、毎日の食生活だけでは、不足しがちなEPA・DHAを手軽でおいしく摂取できる商品です。1本あたりEPA・DHAを300mg配合しています。ご好評いただいている「バナナ味」「チョコレート味」に加え、2013年3月1日(金)に、香り豊かな宇治抹茶を使用した「抹茶ラテ味」とドライブルーベリーを使用した「ブルーベリー&クリームチーズ味」を新たに発売しました。

EPA+(エパプラス) 豆乳クッキー 抹茶ラテ味

【商品写真】EPA+(エパプラス) 豆乳クッキー 抹茶ラテ味

EPA+(エパプラス) 豆乳クッキー バナナ味

【商品写真】EPA+(エパプラス) 豆乳クッキー バナナ味

ニッスイ EPA+(エパプラス)商品のご紹介

EPAとは

いわしなどの青魚に多く含まれるオメガ3系高度不飽和脂肪酸の一種であるエイコサペンタエン酸で、青魚のサラサラ成分です。EPAは、体内では、ほとんど作ることができないため毎日の食生活で積極的に摂ることが大切です。

ニッスイは、青魚のサラサラ成分EPAの普及を推進する活動を実施していきます。
毎月30日は、「EPAの日」として登録されました。

毎月30日は、日本記念日協会において、「EPAの日」として登録されました。
肉(29)を食べた次の日(30)には、魚を食べてEPAを摂取し、バランスの良い食生活を送っていただきたいという思いをこめて、毎月30日を「EPAの日」としました。

ニッスイのサラサラ生活向上委員会では、EPAの効果やEPAの啓蒙推進活動をWEBサイトで紹介しています。

以上