第36回日本スリーデーマーチ協賛のお知らせ

2013年10月31日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 細見 典男、以下「ニッスイ」)は、2013年11月2日(土)~4日(月)に埼玉県東松山市で開催される「第36回日本スリーデーマーチ」に協賛することとなりましたので、お知らせいたします。
日本スリーデーマーチは、1978(昭和53)年に群馬県多野郡新町(現在の群馬県高崎市)で産声をあげました。その前年オランダのナイメーヘン市で開催された「国際フォーデーズマーチ」に日本代表として参加した仲間たちが、世界30数か国から3万人を超えるウオーカーとヨーロッパの田園地帯を歩く素晴らしさに感動し、「あの感動を日本でも」と始めたのがきっかけです。その後、第3回大会からは開催地を埼玉県東松山市へ移し、昨年度の参加者は12万人を数える世界有数の国際ウオーキング大会に成長しました。5~50キロコースの中から3つのコースを自由に歩行する競技で、埼玉県東松山市を中心とした12市町村に開催地がまたがります。

開催期間中、ニッスイは競技会場に特設ブースを出展し、EPAを配合したゼリー飲料+PLUSPO(プラスポ)、豆乳クッキーEPA+(エパプラス)のほかに(社)日本ウオーキング協会推薦商品である、海の元気DHA・EPAソーセージのサンプルを提供する予定です。

今回、サンプル提供する予定の+PLUSPO(プラスポ)、豆乳クッキーEPA+(エパプラス)、 海の元気DHA・EPAソーセージなどに含まれるEPAは、血液サラサラ成分として循環器系の健康維持・改善に有効であることはすでに広く知られており、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防・治療に利用されています。健常者においても、血流の改善作用が末梢への酸素供給効率を高め、全身持久性の向上をもたらすことが多くの研究で明らかになっています。ニッスイは1990年代からは順天堂大学のスポーツ健康科学部と共同で研究を行い、EPAが陸上競技の長距離選手の全身持久性を向上させることを確認しています。

日本スリーデーマーチ開催概要

日時

2013年11月2日(土)~4日(月)

会場

埼玉県東松山市を中心にした12市町村

種目

ウオーキング(5~50キロコースを3ルート)

主催

東松山市、社団法人日本ウオーキング協会、埼玉県、東松山市教育委員会、NPO法人埼玉県ウオーキング協会、朝日新聞社

共催

一般社団法人日本市民スポーツ連盟

支援

熊谷市、深谷市、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村

後援

厚生労働省、環境省、国土交通省、外務省、埼玉県教育委員会、日本ウオーキング学会、健康・体力づくり事業財団、健康日本21推進全国連絡協議会、NHK、日刊スポーツ新聞社、埼玉新聞社、テレビ埼玉、FMNACK5

以上