配合飼料事業拡大のため新会社を設立

2016年8月17日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 細見典男、東京都港区)は、養魚用配合飼料事業の拡大に向けて効率的な運営体制とするため、子会社「ファームチョイス株式会社」を設立します。
また、配合飼料の生産能力を拡大するため、伊万里油飼工場に17.6億円を投資して設備を増強し、原料の多様化に対応しながらより高品質な配合飼料の供給を目指します。稼働開始は2017年7月の予定です。

これまで配合飼料事業では、伊万里油飼工場などが生産する養魚用飼料を各地の養殖事業者に販売し、水揚げされた養殖魚の一部を仕入販売していました。
このたびの新体制により、生産工場のある伊万里を拠点に、飼料の生産と販売およびその飼料を使用した養殖魚の仕入販売を一体化し、養殖魚の生産者の皆さまに密着した事業活動をさらに進めます。
養殖魚の買付販売では、ニッスイグループの養殖各社がカバーしていない、多様かつ高品質な養殖魚の取扱いを拡大します。

ファームチョイス株式会社 会社概要

本社所在地:
佐賀県伊万里市山代町久原1-61
代表者:
代表取締役社長 内山 義弘
事業内容:
配合飼料の製造・販売および養殖魚の販売
設立:
2016年8月予定
開業:
2017年4月予定
資本金:
5,000万円
株主:
日本水産株式会社100%
事業所:
本社工場・唐津事業所・東京営業所
従業員数:
36名

以上