平成28(2016)年鳥取中部地震への義援金の寄付について

2017年7月14日

昨年10月の鳥取中部地震によって被災され、復興に向けてご苦労されている皆さまに、謹んでお見舞い申しあげます。

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 大木伸介、所在地:東京都港区)およびグループ会社(共和水産株式会社 代表取締役 社長執行役員 岩田祐二、所在地:鳥取県境港市および弓ヶ浜水産株式会社 代表取締役社長 鶴岡比呂志、所在地:鳥取県境港市)は、被災地支援に役立てていただくため、義援金として鳥取県に500万円を寄付させていただきました。

このたび7月10日、鳥取県平井知事のご出席のもと、復興への支援に対する感謝状の贈呈式が行われ、当社の伊勢執行役員より目録を手渡しました。平井知事より、この支援に対して感謝状をいただくとともに、「2011年の東日本大震災により三陸の銀鮭養殖場を失ったニッスイを境港に迎え入れて、鳥取県として支援させていただいた結果、弓ヶ浜水産の境港サーモンが地元を代表するブランドにまで成長したことは非常に喜ばしいことです。また、このたびは、鳥取中部地震によって被災した鳥取県がニッスイからご支援をいただくことになり、大変感謝すると共に何かのご縁を感じます」とのご挨拶を頂戴しました。

被災地域の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申しあげます。

以上