第19回 ジャパン・インターナショナル・シーフードショー出展

2017年7月31日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 大木 伸介、東京都港区、以下「ニッスイ」)は、「第19回 ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」(主催:一般社団法人大日本水産会)に出展いたします。

展示テーマ

「ニッスイの誇る資源アクセスと高付加価値化」

展示内容

① 養殖の高度化と高付加価値化

  • ニッスイグループの養殖事業の高度化への取り組みをご紹介します。
  • 展示商品は、黒瀬水産「黒瀬ぶり」、さつま水産「鹿屋かんぱちローズ」、弓ヶ浜水産「境港サーモン」「佐渡サーモン」、西南水産「喜鮪(きつな)まぐろ」などです。

② 中央研究所大分海洋研究センターにおける養殖技術開発

  • 種苗の生産技術、研究中のバナメイエビの陸上養殖技術、養殖魚の健康管理などについてご紹介します。
  • 水槽での展示は、「白姫えび」「黒瀬ぶり」(稚魚)のほか、マダコを予定しています。

主試食商品

主要商品の刺身・すしなどを予定しています。

日時

2017年8月23日(水)~25日(金) 10:00~17:00 (最終日は16:00まで)

会場

東京国際展示場「東京ビッグサイト」東7・8ホール ブース番号25-20

  • りんかい線「国際展示場駅」下車徒歩約7分
  • ゆりかもめ「国際展示場正門駅」下車徒歩3分

以上