鯖やグループとの業務提携について

2018年8月10日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 的埜明世、東京都港区、以下「ニッスイ」)は、8月1日、とろさば料理専門店を営む株式会社SABAR(サバー)を擁する鯖やグループと、サバに関する業務提携について合意しましたのでお知らせします。

鯖やグループは、『サバのある生活を提供する』ことを企業ビジョンに「サバマーケット創造企業」として、株式会社鯖やによりさば製品の製造・卸販売事業を、株式会社SABARにより「とろさば料理専門店SABAR」を、株式会社クラウド漁業によりさばの海面養殖事業を展開しており、さば製品の生産から販売までの一貫体制を特色とする企業です。

ニッスイは、2018年度を初年度とする中期経営計画「MVIP+(プラス)2020」で、一歩先の商品開発や食卓への新たな提案、中食分野などの伸長するチャネルへの取り組み強化などを目指しています。
ニッスイでは、昨今漁獲量が減少傾向にある国産水産物のなかでも比較的資源の安定しているサバについて、価値向上につながるメニューや新商品開発および販売などによるサバの新しい市場の創造を目指し、同グループとの業務提携に至りました。

業務提携による主な活動は次の通りです。

  1. サバのメニュー開発(外食、総菜、通販向けなど)
  2. サバを使用した商品の共同開発
  3. 鯖や主催のサバに係るイベントへの協力
  4. サバ原料の供給

ニッスイは、このたびの業務提携により、両社の技術や知見を共有し、生活者の変化を先取りした商品開発や、サバの価値向上に向けたマーケティングの実践を通じ、中期経営計画の達成につなげてまいります。

鯖やグループ各社概要

株式会社鯖や

本社所在地 大阪府豊中市
代表者取締役 右田 孝宣
事業内容 サバ寿司製造販売・サバ加工食品販売
設立 2007年6月
資本金 61.59百万円
売上高 485百万円(2016年度)

株式会社SABAR

本社所在地 大阪府豊中市
代表者 右田 孝宣
事業内容 飲食店運営(サバ料理専門店、国内外19店舗)
設立 2014年6月
資本金 3百万円

以上