ニッスイ「大きな大きな焼きおにぎり」発売30周年

2019年1月29日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 的埜 明世、東京都港区、以下「ニッスイ」)の家庭用冷凍食品「大きな大きな焼きおにぎり」は、1989年9月の発売以来今年で30周年を迎えます。
これもひとえにお客様のご愛顧・お引き立ての賜物とお礼申しあげます。

【商品画像】大きな大きな焼きおにぎり

本品は、こんがり香ばしいしょうゆの風味で、中までしょうゆの味が染みた、食べ応えある80gのサイズでご好評をいだたいています。お子さまはもちろん家族のどなたでも、ちょっと「コバラ」がすいたとき、冷凍庫にストックしておけば、いつでも電子レンジであたためるだけで手軽に召しあがれます。発売30周年を迎えた現在、ニッスイ家庭用冷凍食品を代表するロングセラー商品に成長しました。
2019年度のテーマは「おにぎりをもっと家族の食卓に」です。時代とともに家族の食卓のカタチが変化しても、その真ん中には「おにぎり」があってほしいとのニッスイの願いは変わりません。これからも「おにぎり」のおいしさや新しい便利さを次々と提案、家族の形にあわせて成長を続けます。

これまでの歩み

1989年「COOK FOR ME 焼きおにぎり」(8個(560g))として発売
1994年「大きな大きな焼きおにぎり」(6個(480g))としてリニューアル発売
1996年トレーごと電子レンジ加熱が可能となる
2001年トレーが切り離し可能となる
2003年市販用冷凍食品おにぎり市場で販売金額がNO.1(※1)となる
2008年冷凍庫で保管しやすい「スリムパック」となる
2009年キャラクター「やき おにお」が誕生、販促活動で活躍して今日に至る
2012年販売数量累計1億個(※2)に達する
2014年「焼きおにぎり10個」を発売
2015年新製法となりさらにふっくらとした食感に
2019年発売30周年となる

2019年度の広告・販促計画

発売30周年となる今年は、店頭でのイベントなどのプロモーション活動、ウェブやSNS、プレミアムキャンペーンなどによるファンづくり、テレビCM投入による告知など、1年間を通じて全方位の広告・販促策を展開します。

テレビスポット

春に全国でオンエア予定。
「大きな大きな焼きおにぎり」の魅力を伝える新CMを制作予定です。

プレゼントキャンペーン

4~5月に「いろんなコバラにありがとう(仮)」を予定しています。

  • ※1 インテージSRI 市販用冷凍食品おにぎり 2002年7月~2003年9月累計販売金額
  • ※2 2012年当社調べ