家庭の水産缶詰の有効利用を啓発するニッスイ「缶切り部」、
今年度の活動

2019年5月23日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 的埜 明世、東京都港区、以下「ニッスイ」)は、2018年度に開始した、家庭に保管されている水産缶詰などの食品を無駄にせずに有効利用することを啓発するCSRプログラム『ニッスイ「缶切り部」』を、今年度も継続して実施します。

ニッスイ「缶切り部」

ニッスイでは、CSRの重要課題のひとつに「フードロス」を挙げており、生産・流通・消費の段階におけるフードロス削減に加えて、さまざまな角度からこの問題に取り組んでいくこととしています。

ニッスイ「缶切り部」は、そのひとつとして、家庭の水産缶詰をはじめとする多様な食品を“フードロス”させないために、その意外な調理方法や、思いもよらない食材との組み合わせなど、食品の新しい可能性を発見して、楽しくフードロス問題を考えていただくことを目的に開催しています。

2019年度は、以下のとおり年間4回の開催を計画しています。
・一般向けに、東京・大阪で各1回
・ニッスイ従業員向けに、東京で1回
・ニッスイグループの缶詰生産工場である株式会社ハチカンの従業員向けに1回
初回の開催は、以下のとおり一般向けに開催します。

開催概要

主  催 日本水産株式会社
協  力 一般社団法人フードサルベージ(共同代表理事 平井 巧・長田 敏希、東京都杉並区)
(家庭内で発生するフードロスを減らすことを目的に様々な活動を行っている一般社団法人)
https://salvageparty.com
日  時 2019年6月8日(土)  開会11:30、終了予定14:00 (開場11:15)
会  場 まるごとにっぽん浅草区 Cooking studio おいしいのつくりかた
〒111-8535 東京都台東区浅草2-6-7東京楽天地ビルまるごとにっぽん3階
https://marugotonippon.com/access/
定  員 30名(先着順)
参 加 費 500円(税込み)、小学生以下のお子さまは無料です。
内  容 ・ニッスイの水産缶詰をメインの食材として、参加者が持ち寄った家庭のさまざまな食材を組み合わせてメニューのレシピを作成します。
・レシピ作成に当たっては、講師の高田大雅氏(フードサルベージ公認シェフ)が調理のヒントをレクチャーします。
・調理後、レシピを発表してディスカッションと試食を行います。
・詳細は以下のURLをご覧ください。
申込方法・お問合せ ・以下のURLをご覧ください。
 一般社団法人フードサルベージ https://salvageparty.com/kankiribu002-1

以上