新入社員研修

ニッスイでは約2ヶ月間かけて新入社員研修を行っています。
ビジネスマナーやパソコンスキルなどの一般知識習得の研修にとどまらず、会社の各機能を理解し、幅広い視野を持ち、ニッスイ社員として働く心構え、姿勢を確立するという目的のもと工場での実習も取り入れています。

4月

集合研修 本社等

  • 経営方針、就業規則、社史、事業概要等の講義
  • パソコン(Word、Excel、Powerpoint)
  • ビジネスマナー、ビジネス文書研修
  • 水産加工実習
社会人及びニッスイ社員として必要な知識、心構えを学びます。研修形態は講義、実習、合宿と様々です。
【写真】水産加工実習1水産加工実習1
【写真】水産加工実習2水産加工実習2
5月

工場実習 国内の各工場に分かれて実習

  • 食品の安全・衛生に関する講義
  • 食品加工工場内での実習及び発表
ものづくりの現場で、食品メーカーの社員として知っておくべき食品衛生、製造工場等を講義や実習を通して学びます。中には工程改善の提案を行う機会なども設けています。
6月

研修総括発表会

2ヶ月間の総まとめとして社長はじめ役員・部署長の前で新入社員全員が発表を行います。

6月~

配属

  • 各配属先での勤務
  • OJT
いよいよ、実務に入ります。最初は先輩社員の補佐という形が一般的ですが、次第に任される仕事が増えてきます。
3月

フォロー研修 (1泊2日) 社外研修施設

  • 自己分析、メンタルケア
  • 1年間のまとめ
入社して、1年経過した自らの心境の変化について自己分析するとともに、研修や実務を通して、自分がどれだけ成長したかについてまとめ、発表します。