魚食普及の取り組み

魚食への理解を深める工場見学を実施

子供のころから食の生産現場にふれ、魚食に親しんでほしい。そんな思いから、ニッスイグループでは、地域の小学校による工場見学などを行っています。姫路総合工場では、小学生が実際に竹輪を作っている様子を間近に見学し、体験を通して安全・安心の商品づくりを学びました。

串に巻き付けた練肉(魚のすり身を練ったもの)を触ってみる

おさかなマイスターが小学校や保育園を訪問

ニッスイグループの山津水産(株)では、2013年9月より魚食普及活動「イートフィッシュプロジェクト」を開催しています。その一環として、山津水産の「おさかなマイスター」が、地元新潟県の小学校や保育園を訪問しています。対話形式で、子供たちからたくさんの質問が出され、生きた魚に触れる場面では大いに盛り上がりました。

焼き魚を使って、どこに骨があるのか?学びながら食べます