ニッスイパイオニア館とは

水産資源から多様な価値を創造してきた、ニッスイの過去・現在・未来がここにある。

1911年の創業以来、ニッスイは世界の人々と手を携え水産資源から多様な価値を創造することで、社会に貢献してきました。
創業100年を機に、こうした企業姿勢とその基盤となる創業の理念を未来に伝えていくために、ニッスイパイオニア館は誕生しました。当館では、水産資源から新しい価値を創造してきたニッスイの過去・現在・未来を展示しています。

創業の地、北九州市戸畑の「ニッスイ戸畑ビル」に開設

ニッスイは、創業者・田村市郎が、トロール漁船を建造するため 国司浩助(くにしこうすけ) をイギリスへ派遣したところから始まります。1911(明治44)年、下関に田村汽船漁業部を設立。1929(昭和4)年には戸畑に移転し、水産物供給のための機能を結集しました。

ニッスイ戸畑ビルは1936年(昭和11年)に建造された建物です。
2009年に「北九州都市景観賞」を受賞いたしました。
夜間は20時までライトアップしています。

【写真】ニッスイ戸畑ビル
【写真】ニッスイ戸畑ビル 夜間ライトアップ風景

ニッスイパイオニア館所在地

【地図】ニッスイパイオニア館所在地
上記の地図をクリックすると拡大して表示されます

住所

〒804-0076
福岡県北九州市戸畑区銀座2-6-27 ニッスイ戸畑ビル1階
電話
093-884-2042
FAX
093-884-2124
開館時間
10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日
日曜日・祝日・年末年始など
入館料
無料

詳細な地図は、「アクセス」のページをご覧ください。