WRI「10×20×30食品廃棄物削減イニシアティブ」の「日本プロジェクト」に参加

2019年12月11日

日本水産株式会社(代表取締役社長執行役員 的埜 明世、東京都港区、以下「ニッスイ」)は、WRI(World Resources Institute、世界資源研究所)が呼び掛ける「10×20×30食品廃棄物削減イニシアティブ」へのイオン株式会社(取締役兼代表執行役社長 岡田 元也、千葉県千葉市美浜区、以下「イオン」)の参画に伴い、同社のサプライヤーであることから、同社主導の「日本プロジェクト」(以下「本プロジェクト」)にパートナーの1社として参加します。

「10×20×30食品廃棄物削減イニシアティブ」は、天然資源・環境問題を研究し政策提言するアメリカのシンクタンクであるWRIが提唱し、世界の大手小売企業が参加して食品サプライチェーン全体で食品廃棄物の半減をめざしています。
「10×20×30」とは、世界の大手小売業10社が、それぞれのサプライヤー20社とともに、2030年までに主要サプライヤーの食品廃棄物の半減に取り組むことを示しています。イオンはこのイニシアティブに唯一アジアから参加しています。

国連の2030年に向けた「持続可能な開発目標(SDGs)」では、「小売・消費レベルにおける世界全体の1人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる」という目標が明示されています。
この目標達成に向けては小売の現場のみならず、食品に関わる全ての産業が連携し、サプライチェーン全体で取り組むことが求められています。今回スタートする本プロジェクトは、この連携を明確化し食品廃棄物削減の取り組みを加速するものです。

ニッスイでは、CSRを推進するCSR委員会に「フードロス部会」を設置して、①原材料や製品などの生産や輸入過程での廃棄の削減 ②商品の流通過程での廃棄の抑制 ③生活者や従業員の啓発活動に取組んでいます。
ニッスイは、これまでフードロスに取り組んできた経験を活かしながら、WRIおよびイオンが進める本プロジェクトのパートナーとして、サプライチェーンを通じたフードロス削減に貢献してまいります。

以上