PERSON

商品づくりの最後の砦。
多くの人の幸せを守る仕事。

八王子総合工場 加工食品第一工場
佐薙 Sanagi
職  掌: P&E
職  種: 生産・品質
仕事内容: 食品工場の生産管理
入  社: 2018年

ブランドを
背負い続ける責任。

高校生の頃から食べることが好きでした。おいしいものを食べること自体はもちろん、それ以上に、大切な人と過ごす時間が好きだったのだと思います。家族団欒で囲む食卓、クラスでワイワイと食べる昼食、部活終わりに友達とする買い食い...。「食」にまつわる瞬間には、幸せが溢れている。将来は、食に関連する仕事に携わり多くの人の幸福に貢献できたらと、大学も、就職先も、選択してきました。

「水の水道におけるは、水産物の生産配給における理想である。」日本水産が掲げる理念は、まさに「多くの人を幸せにする」ことにつながるもの。この会社なら私の夢を叶えられるのかもしれない。そう感じた私は、どんどんと日本水産に興味を惹かれ、遂には入社を決めたのです。

私はかねてより、ものづくりの現場である「製造工場」を希望していました。24時間365日、滞りなく商品を生み出す、ものづくりの最前線。それはつまり、多くの人々の日常を支え、幸せを供給する使命を背負っている。製造工場には大きなやりがいがあるだろうと感じたのです。

希望が叶い、私は食品工場の品質管理をする部署へ配属されました。カニフレークと呼ばれる練り製品の品質維持や工場全体の衛生管理のために、生産現場を改善するのが仕事です。諸先輩たちが築き上げた「ニッスイブランド」を背負い、守り続ける仕事に、自然と力が入ったことを覚えています。

入社2年目の
失敗と成長。

品質管理の仕事に携わり、少しずつ仕事にも慣れ始めた2年目の頃。忘れられない失敗が起こりました。

それは、製造ラインで発生したトラブルの対応を誤ってしまったこと。とある理由からカニフレークの生産を一時的に中断し、商品として出荷できるもの・できないものを選別する必要がありました。その時、選別の判断を任された私は、初めての経験だったことから少々パニックに。なんとか事態は収められたものの、結果的には必要以上の製造品を廃棄することになり、大きな損失を出してしまったのです。製造ラインの再稼働を急ぐ限られた時間の中でも、しっかりと現場状況のヒヤリングやカニフレークの状態の確認、関係各所への連絡を綿密にしておけば...。苦い経験を味わうことになりました。

この経験は本当に悔しく、相当に落ち込みました。思い返せば、仕事に対するスタンスがなっていなかったのだと思います。まだ2年目だから、という甘えもあったに違いありません。それでも、前を向いて頑張りたいと思えたのは、自分が食品業界や当社を選んだきっかけである、誰もが幸せになれる食品を届けたい、という想いがあったから。

失敗した悔しさをバネに今後は、経験が乏しくても自分が責任者であるという自覚を持って行動しようと決めました。ようやく、生産管理の仕事に自信がついてきた3年目。製造ラインで大きなトラブルが起こりました。上司が不在のなか現場の指揮を執り、商品生産の一時停止から状況の把握、対応策の実行、生産再開の判断までを行い、損失を最小限に食い止める結果に。現場の職員からもお褒めの言葉をもらい、嬉しかったことを覚えています。

当たり前にある、
安全・安心。

また日常的に、工場全体を清潔な状態に保つ取り組みなども行っています。清掃すべき箇所を細かく列挙し、掃除の頻度をきっちりと設定。自分が清掃活動の最前線に立って工場内外をくまなく掃除しつつ、職員への定期的な呼びかけも行います。工場では多くの社員が働いているので、まずは自分の背中を見せることが大切です。地道な業務ではありますが、品質管理として重要な仕事であり、責任を持って遂行しています。

食品工場は365日稼働しているため、決して楽な環境ではありません。しかしその分、チームで働いていることを実感する場面も多く、仲間と一緒に達成感を味わうことも多いです。日々、大小さまざまな出来事が起こる生産現場に揉まれて経験を積んだ私は、配属された当初より肝が座り、多少のことではブレない精神も身についた気がします。商品の品質や生産現場に深く関わることからスタートした私のキャリア。ニッスイブランドを第一線で守る使命感を持ち続けながら、将来的には、商品の設計や開発の仕事にも携わってみたいと考えています。品質管理で得た経験、そして「当たり前にある安全・安心を守る」精神は、きっとお客様の笑顔につながる商品づくりにも活かせるはずだから。

私は今日も食の安全安心を守っている。その先で商品を口にする、たくさんの人の幸せを願って。

他の社員を見る