カルシウムチェッカー

カルシウムたっぷり朝食レシピ

朝食は体を目覚めさせたり、体温を上げたり、脳の働きを活発にするなど、一日のスタートのエネルギーとしてとても大切です。カルシウムたっぷりの朝食を食べて、元気な一日を過ごしましょう。

トマトスープパスタ(調理時間:約20分)

トマトスープパスタ

パスタが入ったボリューム満点のスープ。カルシウム豊富な「おさかなのソーセージ」と小松菜、さらにビタミンDを多く含みカルシウムの吸収をサポートするきのこをプラスしています。「おさかなのソーセージ」は煮すぎるとやわらかくなりすぎてしまうので、軽く温める程度で火から下ろしましょう。

材料(2人分)

「おさかなのソーセージ」75g:1本
トマト:2個
小松菜:1/4束
しめじ:1/2パック
ショートパスタ:75g
(ここではファルファッレ(蝶々型パスタ)を使用。ペンネやマカロニでもOKです)
※A
コンソメスープの素:1個
水:350cc
サラダ油:適宜
塩:少々
こしょう:少々
粉チーズ:お好みで

1人分当たり
カロリー:319.5kcal
カルシウム::254mg
※サラダ油は大さじ1、粉チーズは小さじ1として計算しています。

作り方
  • 1「おさかなのソーセージ」を2cmくらいのななめ切りにする。トマトはヘタを取り2cmの角切りに、小松菜は5cmのざく切りにする。しめじは手でほぐす。
  • 2鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を加え(※分量の目安はお湯1リットルに対して小さじ2)、パスタを固めにゆでる。
  • 3別の鍋にサラダ油を熱し、小松菜としめじを炒める。しんなりとしてきたら、トマト・Aを加えて5分ほど煮る。「おさかなのソーセージ」・ゆでたパスタを加えて1〜2分軽く温め、塩・こしょうで味をととのえる。器に盛り、粉チーズをかけてできあがり。

トップへもどる

ひじきの混ぜごはん(調理時間:約20分)

ひじきの混ぜごはん

忙しい朝は、おかずとごはんを一緒に食べられる混ぜごはんがおすすめ。「おさかなのソーセージ」とかぶは大きめにカットして、それぞれの食感を楽しみます。かぶの葉はカルシウムを豊富に含む優秀な青菜。捨てずにトッピングしてたっぷりいただきましょう。

材料(2人分)

「おさかなのソーセージ」75g:1本
乾燥ひじき:5g
葉付きのかぶ:1個
温かいご飯:丼2杯分(380g)
ごま:お好みで
※A
しょうゆ:小さじ2
酒:小さじ1
みりん:小さじ1/2
水:小さじ1
しょうが(スライス):2枚
サラダ油:小さじ1

1人分当たり
カロリー:427.5kcal
カルシウム:269mg

作り方
  • 1「おさかなのソーセージ」は乱切りにする。かぶは、葉を小口切りに、実を1cmの角切りにする。ひじきを大きめの耐熱容器に入れ、ひじきが隠れるくらいの水(分量外)を加え、ラップをしてレンジで1分間ほど加熱してもどす。
  • 2ひじきの水気をしぼり、Aを加え、ラップをしてさらにレンジで1分間加熱する。
  • 3「2」にご飯・「おさかなのソーセージ」・かぶ・ごまを加えて混ぜ合わせる。茶碗に盛り、かぶの葉を散らしてできあがり。

トップへもどる

とろ〜りチーズのフィッシュソーセージ巻き(調理時間:約10分)

とろ〜りチーズのフィッシュソーセージ巻き

10分ほどで手軽に作れるうれしい一品。食べると中から熱々のチーズがとろ〜り溶け出します。チーズは乳製品の中でもとくにカルシウムが豊富。「おさかなのソーセージ」との相性も抜群です。朝食のおかずはもちろん、夜のビールのおつまみにもピッタリです。

材料(2人分)

「おさかなのソーセージ」75g:1本
ぎょうざの皮:8枚
とろけるチーズ:4枚
サラダ油:適宜
水:適宜

1人分当たり
カロリー:259.5kcal
カルシウム:305mg
※サラダ油は大さじ1として計算しています。

作り方
  • 1「おさかなのソーセージ」は横半分に切り、さらに縦に4等分に。とろけるチーズは半分に切る。そして、ぎょうざの皮にチーズ・「おさかなのソーセージ」をのせて巻き、皮の端を水でとめる。同様のものを8本作る。
  • 2フライパンにサラダ油を熱し、「1」の全面をこんがりと焼いてできあがり。