ファインケミカル事業

イワシなどの青魚に多く含まれるオメガ3系の必須脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)を軸に、水産資源由来の化成品の安定供給とさらなる高度化に向けて独自の技術を磨いています。

ニッスイは、1980年代の日本でのEPAの疫学調査に参加して以来、約40年にわたってその研究や生産、商品化に取り組んでいます。
製薬企業との共同研究の結果、EPAは、1990年に閉塞性動脈硬化症、1994年に高脂血症の治療薬として認可され、ニッスイその実現のため、並行して高度精製技術も確立して、医薬品原料としてのEPAを生産・供給しています。
一方で、EPAの持つ多様な機能を皆さまの日常生活での健康維持に活用していただくため、EPAの特定保健用食品・機能性表示食品、サプリメント・一般食品などを開発、提供しています。
また、DHAやN‐アセチルグルコサミン、オレンジラフィー油など、水産資源由来の特徴ある素材も手掛け、さまざまな分野で活用されています。

EPAとは

EPAは、1970年代デンマークでのイヌイットの疫学調査により、その存在や効能が知られるようになりました。イワシなどの青魚に含まれるオメガ3系の必須脂肪酸で、人間の体内ではほとんど作られないため、食物として摂取しなければなりません。
EPAには、心疾患リスクの軽減や血中中性脂肪の低下、抗炎症などのさまざまな作用が認められています。

ニッスイグループのEPAへの取り組み

ニッスイグループでは長年にわたり、水産資源の多様な価値を健康な生活に活用していただくことに取り組んできました。 青魚に含まれるn-3系脂肪酸であるEPAは、その中心的な存在です。

【画像】イマーク イマークS

EPAのグローバルサプライチェーン

EPAのグローバルサプライチェーン

原料となる魚油の調達から精製油の生産まで、自社グループで行っています。
ニッスイグループは、現在、医薬品をはじめ健康食品の素材として利用される高品質なEPAを供給できる、世界最大級のメーカーです。

ファインケミカル総合工場鹿島医薬品工場

2018年1月に稼働を開始した、医薬品向けEPAの生産に特化した工場です。
今後予測される国内外のEPA医薬品市場の拡大に備えて、海外への医薬品供給に不可欠なcGMP(注)基準による品質・生産管理により、世界最高水準の品質と生産性を実現します。また原料となる魚油からより高いEPA回収率を目指し、EPAの含有率が低い魚油からも高純度のEPAの製造を可能にします。効率のよい熱源の利用や、工程で発生する熱エネルギーの利用など、環境負荷の低減にも配慮しています。

ファインケミカル総合工場鹿島油脂工場

食品向け機能性素材として機能性脂質(EPA・DHA)、フィッシュコレステロール・キトサンオリゴ糖など、化粧品素材としてN-アセチルグルコサミンやオレンジラフィー油などを生産しています。
精製過程で除去された揮発性成分は、工場の熱媒ボイラーの燃料として使用しています。また、省エネ・省コストを目的に、エネルギー原単位の削減取り組みとしてガスコージェネレーション設備の導入を検討しています。

ファインケミカル総合工場つくば工場

1990年に医薬品製造承認を取得し、現在まで約30年に渡って国内向け医薬品の原薬を製造しています。また、食品向け機能性素材として国内外向けの機能性脂質(EPA・DHA)のほか、乾燥菌体より抽出したアラキドン酸の精製を行っています。

  • 注)cGMP (current Good Manufacturing Practice):最新の医薬品および医薬部外品の製造管理および品質管理の基準

関連コンテンツ(商品情報)

ニッスイのファインケミカル関連商品は下記よりご覧ください