ニッスイパイオニア館開設

ニッスイは創業100周年記念事業の一環として、一般の方々や水産業研究者などへの情報提供、教育委員会や学校と協力した教育支援などを行うために、2011年8月、北九州市のニッスイ戸畑ビルにニッスイパイオニア館を開設しました。

ニッスイパイオニア館は、ニッスイの100 年の歴史を紹介する「歴史展示室」、ニッスイの5 つの事業を紹介する「事業展示室」、水産業に関する資料3,000 点を公開している「ライブラリー」、ニッスイの歴史や事業に関わる幅広い映像資料の視聴ができる「視聴覚室」の4 室で構成され、世界中に水産資源を求め、そこから新しい価値を創造してきたニッスイの創業からの姿を幅広く展示しています。

開設から半年が経過し、これまでにお得意先さま、地元の小学生、大学の研究者など700 名以上の方に見学していただきました。これからも地域・社会とのかかわりを大切にし社会貢献活動に取り組んでまいります。

【写真】ニッスイパイオニア館(右)と隣接する日本サバイバルトレーニングセンター訓練棟(左)

ニッスイパイオニア館(右)と隣接する日本サバイバルトレーニングセンター訓練棟(左)

【写真】トロール船模型などが展示されている歴史展示室

トロール船模型などが展示されている歴史展示室

日本サバイバルトレーニングセンター開設

ニッスイは2011(平成23)年4月、100%子会社のニッスイマリン工業(株)により、日本初の民間の海洋サバイバル訓練施設「日本サバイバルトレーニングセンター(NSTC)」を開設しました。NSTC は、世界の海で活動する人々が事故に直面した際に、冷静に判断して行動し、生命の安全を守る能力を身につけるための、海洋サバイバル訓練を世界基準で提供し、世界の海洋産業の継続的かつ健全な発展に貢献することを目的としています。

NSTCの訓練施設は、北九州市戸畑区に海洋サバイバル訓練施設として訓練棟(プール棟)と救命艇設備があり、同市若松区に消火訓練施設があります。

日本サバイバルトレーニングセンターが認証を受けた3つの訓練コース

BOSIET:
Basic Offshore Safety Induction & Emergency Training(海洋における緊急時の安全訓練の基本コース)
FOET:
Further Offshore Emergency Training(上記BOSIET の更新コース)
HUET EBS:
Helicopter Underwater Escape Training with EBS(非常用呼吸具(EBS) を使用したヘリコプター水中脱出訓練コース)

これらの施設・設備を利用して受講者は、ヘリコプター水中脱出訓練、洋上サバイバル訓練、初期消火訓練、避難要領訓練など、サバイバルスキルを身につけられる訓練を行います。さまざまな海洋産業に従事する大切な人材の損失防止と事故被害額の最小化等の観点でNSTC の必要性は非常に高く、社会的にも意義のある事業となっています。

また、訓練棟のプールや機材を民間のダイビング事業者に提供し、ダイビング事業者の訓練に使用していただいています。これにより、ダイバーのスキル向上、ひいては海洋レクリエーションの安全性の向上にも貢献しています。

国際的な海洋安全教育機関としては、1991(平成3)年にイギリスで設立された海洋石油産業訓練機構(OPITO) があり、これが国際基準とされています。OPITO 認証訓練機関はこれまで日本にはなく、OPITO の訓練証明書はマレーシア等の海外で受講しないと取得することができませんでしたが、NSTC は2011年12月6日にOPITO 認証を取得。訓練受講者は、OPITOの訓練証明書を国内で取得することができるようになりました。

OPITO認証を取得して以降、OPITO認証訓練受講の希望が多く寄せられるようになり、2012(平成24)年2月13日までの期間に、OPITO認証訓練(BOSIETコースとHUETコース)、およびSTCW条約に基づく訓練等を82名の方に受講いただきました。受講者は主に海洋資源調査、同開発、機械メーカー、船舶などの方々でした。

NSTCには、自衛隊や消防、海上保安庁などの救難活動、サバイバル訓練などの実務経験豊かなトレーナーが多数おり、OPITO基準の訓練が日本語または英語で実施されます。また、北九州市立大学とは海洋人命救助ロボットの開発などを通じて産学連携をとっています。

創業以来、海に関わる事業を展開してきたニッスイにとって、海洋産業従事者の安全を確保することは、海洋人材の育成とともに重要な関心事です。ニッスイはNSTC を通じて、これからも海洋産業の健全な発展に貢献していきます。

【写真】戸畑区訓練棟にあるプールでのヘリコプター水中脱出の様子

戸畑区訓練棟にあるプールでのヘリコプター水中脱出の様子

【写真】消火訓練用のヘリデッキ(手前)と高所脱出訓練デッキ(奥)(北九州市若松区)

消火訓練用のヘリデッキ(手前)と高所脱出訓練デッキ(奥)(北九州市若松区)