活き活きおさかなスクール

お魚の選び方 ~いか・貝類~

いかや貝類にも鮮度がよく、料理に合う素材を選ぶポイントがあります。

いか(例:するめいか)

【図】いか(例:するめいか)

あさり・はまぐり

殻に色つやがあり、全体的に厚みがあるものを選ぶのがコツ。
料理に適したサイズ選びもポイントです。

  あさり はまぐり
大

大きさによって価格が変わるが、味のちがいはほとんどない。

汁物・佃煮・和え物・パスタにおすすめ。

直径7.5cm程度。
焼きはまぐりに使われるサイズ。
殻を使ったグラタンもできる。
中 直径5.5cm程度。
お吸い物をはじめ、何にでも使える。
小 直径4cm程度。
価格も手ごろ。パスタやにゅうめんの具に。

かき

パック詰めされたむき身のかきは、粒がはっきり見えるものを選ぶのがコツです。
殻付きの場合は、厚みがあり、重さを感じられるものを選びましょう。

【図】かき

水揚げしたかきをそのままパックした加熱用に対し、生でも安全に食べられるように殺菌してあるのが生食用。
鮮度に差はないので、加熱して食べるのであれば加熱用のほうがおいしくいただけます。

ほたて

殻付きは生きているものを、むき身はふっくらと厚みがあるものがよいです。
貝柱は鮮度の違いによって生食用と加熱用に分けられます。

【図】ほたて殻付きと貝柱について

貝類の購入Point!

あおやぎ
色が濃い。
小柱は身のしまりがよい。
あわび
殻に深さがある。
身は太ってしまりがよい。
さざえ
ふたをさわると、奥へきゅっと引っ込む。
しじみ
殻を固く閉じている。
殻がふっくらと丸い形。
バイ貝
殻付きはふたがしまっている。
ムール貝
つやがある。
殻に厚みがあり、固く閉じている。

関連情報

お魚の部位
お魚の部位
いか
お魚の下ごしらえ
お魚の下ごしらえ
いか
二枚貝
お魚の保存法
お魚の保存法
干物を作る