活き活きおさかなスクール

お魚の保存法 ~干物を作る~

干物は、お魚の余分な水分を抜くことで、いたみを抑える保存方法です。
定番のあじといかの一夜干しとさばのみりん干しを作ってみましょう。

工程をチェックしてみよう!

ムービーを印刷(PDFファイル)

  • 手順1

    あじは肛門からえらまで切って内臓をかき出し、水洗いします。
    腹を上に向け、中骨に沿って頭と尾のつけ根までを背を切りはなさないように切り開きます。

  • 手順2

    えら・残った内臓・血合いを取りのぞき、水洗いします。
    3%濃度の塩水に30分~1時間程度つけます。

  • 手順3

    ペーパータオルで水気をふき、風通しのよい場所で4時間~一晩程度干します。

【写真】手順1
  • 手順1

    いかはえんぺらを下にして置き、硬いくちばしを避けて、胴から足まで切り開きます。

  • 手順2

    内臓・目・くちばし・足の硬い吸盤を取りのぞき、水洗いします。
    水気をきって3%濃度の塩水に15~20分程度つけます。

  • 手順3

    ペーパータオルで水気をふき、風通しのよい場所で表面のベタつきがなくなるまで一晩程度干します。

【写真】手順1
  • 手順1

    三枚おろしにしたさばに塩をふって20~30分程度おき、ペーパータオルで水気をふき取ります。

  • 手順2

    さば2切れ当たりしょうゆ(大さじ1)・みりん(大さじ1)と共にビニール袋に入れ、空気を抜いて密封し、冷蔵庫で6時間~半日程度つけます。

  • 手順3

    余分なたれをふき取り、白ごまをふって、風通しのよい場所で6時間~一晩程度干します。
    途中で一度裏返します。

【写真】手順1
ここがPoint!
  • 干し網を使うと、干物をまとめて効率よく、安全に干すことができます。
  • 塩水につけたお魚を食品用の吸水シートに包み、冷蔵庫で一晩おいても干物が作れます。
  • 完成した干物は、ラップとビニール袋で密封して冷蔵で3~4日、冷凍では2~3週間保存できます。
  • 高温多湿の環境ではお魚がいたむので、10~5月の晴天の日に作りましょう。

おすすめレシピ

関連情報

お魚の選び方
お魚の選び方
いか・貝類