活き活きおさかなスクール

お魚の保存法 ~当日中~翌日調理する場合~

買ってきたお魚を半日~1日後に食べたい場合、調理するまでに鮮度を落とさないように、ご家庭の冷蔵庫で保存するポイントです。
1尾丸ごとでも切り身でも基本的な方法は同じです。

お魚の保存法 当日中に調理する場合

①吸水シートを取り替える

水分に触れると魚が傷みやすくなります。
トレイの中に水がたまっている場合は、水を捨て吸水シートを厚手のペーパータオルに取り替えましょう。

②ペーパータオルを敷いてラップをする

ラップの上に厚手のペーパータオルを敷いて魚を
乗せ、空気が入らないように包み、冷蔵庫に入れます。

ここがPoint!
  • 購入時についてきたトレイを利用するか、尾のつけ根まで入るバットに乗せれば、手で触れることによる傷みを防げます。

お魚の保存法 翌日調理する場合

①頭・えら・内臓を取りのぞく

1尾の場合、頭やえら・内臓は腐りやすく、生ぐささのもとになるので、取りのぞきます。

②小分けにしてラップをする

1尾ずつ空気が入らないように、ぴったりとラップをかけ、冷蔵庫に入れます。
切り身の場合も同様に1切れごとに保存します。

魚種別のPoint!

いか
当日中に調理する場合は、買ってきたままの状態で冷蔵庫に保存しても問題ありません。
翌日調理する場合は、すぐに内臓を取りのぞいておきましょう。
しじみ
水道水(真水)につけて、鍋のふたやアルミホイルなどで暗くして、砂抜きしながら保存します。
冷蔵庫に入れて保存するとよいでしょう。
あさり
3%濃度の塩水につけ、鍋のふたやアルミホイルなどで暗くして、砂抜きしながら保存します。
冷蔵庫に入れて保存するとよいでしょう。