活き活きおさかなスクール

お魚の下ごしらえ あらを霜降りにする(例:ぶり)

お魚のあらと呼ばれる部分に含まれる血合いや内臓を取り、熱湯でくさみを抜く方法を「霜降り」と呼び、「ぶりだいこん」や「あら汁」などの煮物に欠かせない下ごしらえです。

工程をチェックしてみよう!

ムービーを印刷(PDFファイル)

  • 手順1

    あらをていねいに水洗いします。
    においが気になる場合は、魚の重量の3%程度の塩をまぶし、10分程度おいて洗い流します。

    ここがPoint!
    • 冷凍されているお魚は、パッケージに書かれている指示にしたがって、あらかじめ解凍しておきましょう。
    【写真】手順1
  • 手順2

    (1)で落ちなかったえら・内臓・血合い・うろこをていねいに取ります。
    硬く取りにくい場合はキッチンばさみを使います。
    汚れを取りのぞいたあらをふたたび水洗いします。

    【写真】手順2
  • 手順3

    ボウルの上にざるを置き、あらを並べ、全体がうっすらと白っぽくなるまで熱湯を回しかけます。

    【写真】手順3

おすすめレシピ