活き活きおさかなスクール

お魚の下ごしらえ いわしの手開き

身も骨もやわらかくサイズも小さいいわしは、手で簡単に開くことができます。
練習ですぐに上達するので、マスターすればフライ・かば焼きなどレパートリーの幅が広がります。

工程をチェックしてみよう!

ムービーを印刷(PDFファイル)

  • 手順1

    いわしは胸ひれの部分から包丁を入れ、頭を落とします。

    【写真】手順1
  • 手順2

    腹びれのまわりにある硬い骨を切り落とします。

    【写真】手順2
  • 手順3

    包丁の背で内臓をかき出しながら、肛門のあたりまで腹を切り開きます(画像:3-A)。
    腹の中をよく水洗いし、ペーパータオルで水気をふき取ります(画像:3-B)。

    【写真】手順3
  • 手順4

    腹から背びれ側に向けて中骨の上に両手の親指を差し込み(画像:4-A)、
    親指を外側に向けて滑らせて(画像:4-B)腹を開きます。

    【写真】手順4
  • 手順5

    頭側から尾に向けて中骨をゆっくりと取りのぞき、尾を切り落とします。

    【写真】手順5
先生直伝!さらにレベルアップ!
身がやわらかいとはいえ、大きなサイズのいわしを手開きするのは大変。
20cmを超えるような大型のいわしは、他の魚と同じように包丁で三枚に下ろすのがおすすめです。

おすすめレシピ

関連情報