活き活きおさかなスクール

お魚の下ごしらえ かにの解体

1ぱいのボイルずわいがにをキッチンばさみで解体し、身を取り出します。かにが乗るサイズのバットがあればベストですが、なければ新聞紙の上で作業しましょう。

工程をチェックしてみよう!

ムービーを印刷(PDFファイル)

こうらを取りはずす

  • 手順1

    こうらを下にしてバットに乗せ、ふんどしの上のとがったところに指を入れ、はがすように外します。
    あいた方の手でかにの脚のつけ根をおさえると外しやすくなります。

    【写真】手順1
  • 手順2

    はさみと脚をつかみ、胴に向かって倒しながら折ります。

    ここがPoint!
    • 大きいかには片方ずつ折りますが、小さいかには両側から一気に折れます。
    【写真】手順2

こうら・脚の下処理

  • 手順1

    こうらの内側についた薄い膜をはがします(画像:1-A)。
    脚のつけ根についているガニ(えらの部分)を取りのぞき(画像:1-B)、薄い膜をはがします。

    【写真】手順1
  • 手順2

    つけ根の関節よりやや脚側を切りはなします(画像:2-A)。
    胴は脚と脚の間を放射状に切り分けます(画像:2-B)。

    【写真】手順2
  • ※殻ごと調理する場合は、ここまでが下ごしらえです。

はさみ・脚から身を出す

  • 手順1

    爪を開き、細い方を引き抜くと軟骨が取れます。
    根元側から切り込みを入れ、身を取り出します。

    【写真】手順1
  • 手順2

    関節よりややつけ根側の殻を切りはなし(画像:2-A)、殻をひっぱると身が抜けます(画像:2-B)。

    ここがPoint!
    • うまく身が引き抜けない場合は、太い脚に細い脚を差し込んで
      (画像:2-C)押し出すか、キッチンばさみで殻を切りましょう。
    【写真】手順2

細かい身を取る

  • 手順1

    はさみや脚の太い部分はかにフォークのスプーン側を(画像:1-A)、細い部分や胴はフォーク側で身を取ります(画像:1-B)。

    【写真】手順1

おすすめレシピ

関連情報