活き活きおさかなスクール

お魚の調理道具 お魚料理の調理道具

お魚の調理の手間や時間の節約に役立つ、便利な道具をご紹介。使いこなせれば、メニューの幅もグッと広がります。

お魚の調理道具 基本の調理道具

包丁・まな板

包丁は、重さ・長さなど使いやすいサイズを選びましょう。
まな板は抗菌性のあるものがおすすめです。

フライパン・ふた

こげつかず洗いやすいフッ素樹脂加工のフライパンがおすすめ。ガラス製のふたは、加熱中に中が見えるので便利です。

網付きバット

網で底上げできるので、下処理中に水気を落としたり、揚げ物の油切りや漬けおきにも使えます。

お魚の調理道具 お魚料理専用の調理道具

素材の鮮度を落とさずに下処理したり、美しく仕上げるための専用の道具です。

【写真】①出刃包丁②骨抜き③うろこ取り④⑤貝むき⑥金串

①出刃包丁

お魚をおろしたり、骨やあらを切る場合に。

②骨抜き

小骨などを引き抜きます。

③うろこ取り

うろこを金属の凹凸に引っかけてはがします。

④⑤貝むき

二枚貝の殻のすき間に差し込んで開けます。
貝の種類によって、いろいろな形があります。

⑥金串

焼き魚を形よく焼き上げます。

お魚の調理道具 こんな場合に役立つ?お助けグッズ

昔ながらの定番から最近人気の便利グッズまで、お魚料理のお悩みやご要望に役立つ道具をご紹介します。

包丁はちょっと苦手、かにを切り分けたいときは「キッチンばさみ」

簡単に断裁ができます。
かにの殻や脚も切り分けられます。

すりみを作りたい、魚の骨も食べたいときは「フードプロセッサー・ブレンダー」

魚を小骨ごとすりつぶして、手早くすりみが作れます。

布のふきんを清潔に保つのが大変なときは「キッチンペーパー」

水分・油分をふき取ったり、だし汁をこすなど、ふきん代わりに使えます。

あく取りの手間が面倒なときは「あく取りシート」・「ブラシ」・「おたま」

専用のシート・ブラシなどで簡単にあく取りができます。

お魚が煮くずれないようにしたいときは「落としぶた」

煮汁の回りをよくし、煮崩れをふせぎます。木・シリコン・紙など、素材はいろいろ。

細長いお魚をきれいに裏返したいときは「魚用フライ返し」

幅広の形状なので、煮魚や焼き魚がきれいにすくえます。

煮込み料理で時短したい、お魚を骨ごとやわらかくしたいときは「圧力鍋」

骨までやわらかい煮魚や煮込み料理が短時間でつくれます。

火を使わずにレンジ加熱で調理をしたいときは「シリコンスチーマー」・「レンジで魚が焼ける皿」

そのまま食卓に出したり、冷蔵庫・冷凍庫に保存もできます。
手軽にお魚料理を食べたい時に便利。

生のお魚を冷蔵庫で上手に保存したいときは「脱水シート」

うま味成分を閉じ込め、余分な水分や生ぐささのもとを取りのぞきます。

関連情報

お魚の下ごしらえ
お魚の下ごしらえ
かにの解体
二枚貝