立ちのぼる湯気ととろ~りとしたあんの感触が楽しい一品。
一口ほおばると、ふわふわのたまごと、かにの豊かな風味が口いっぱいに広がります。
アツアツをお召しあがりください!

レシピ情報[1人分当たり]

主菜
 
炒める
 
中華
 
エネルギー
243kcal
塩分
2.2g
調理時間
1020分

難易度4

  • 作り方
  • おさかなのマメ知識
  • 似ているメニューにチャレンジ!
【写真】かに玉
レシピをメール送信レシピを印刷

材料 [2人分]

「紅ずわいがにほぐし身」1缶
しいたけ2枚
小ねぎ1本
細切りたけのこ(水煮)60g
少々
こしょう少々
ごま油小さじ1
顆粒中華だし小さじ1/2
しょうが汁少々
たまご3個
大さじ3
サラダ油大さじ1強
【あん】
しょうゆ小さじ1
砂糖小さじ1
100ml
大さじ1
片栗粉大さじ1/2
【写真】材料

作り方

  • 手順1

    しいたけは約3mm厚さの細切り、小ねぎは斜め細切りにします。

  • 手順2

    耐熱皿にたけのこ・しいたけを並べて塩・こしょうをふり、ごま油をからめます。
    電子レンジ(600W)で約1分間加熱し、熱いうちに顆粒中華だしを加えて混ぜ合わせ、粗熱を取ります。

    ここがPoint!
    • 細切りになっていないゆでたけのこを使う場合は、高さのあるものを繊維に沿って細切りにします。
    【写真】手順2
  • 手順3

    ボウルにたまご・水を混ぜ合わせ、「紅ずわいがにほぐし身」を缶汁ごと加え、粗熱を取った(2)・小ねぎ・しょうが汁を加えて混ぜ合わせます。

    ここがPoint!
    • (2)は必ず粗熱が取れてから加えましょう。
    【写真】手順3
  • 手順4

    小鍋にしょうゆ・砂糖・水・酢・片栗粉を入れて混ぜ合わせ、中火で煮立たせとろみを付けます。

    ここがPoint!
    • 全体が煮立ち、とろみが付くまでしっかりと火を通します。ふつふつして透明になった程度で火を止めてしまうと粉っぽくなってしまいます。
    【写真】手順4
  • 手順5

    中華鍋にサラダ油を入れて煙が出るまで熱し、(3)を流し入れ(画像:5-A)、強火のままサラダ油を混ぜ込むようにしてかき混ぜます。
    半熟になったら平皿をかぶせて裏返し(画像:5-B)、平皿の中身を滑らせて中華鍋に戻して(画像:5-C)両面を焼きます。

    ここがPoint!
    • 多めのサラダ油を使い、表面がこげる前に裏返すとふわふわの仕上がりになります。たまごがこげそうになったら一度火を消すとよいでしょう。
    【写真】手順5
  • 手順6

    器に盛り付け、(4)をかけます。

代わりに使える魚介類
  • えび・あさり・ほたて(水煮)

おさかなのマメ知識

かに
主に日本海側で獲れるずわいがには、島根・鳥取・兵庫では「松葉がに」、福井では「越前がに」と呼ばれる高級品。
北海道東部や日本海南西部で獲れるたらばがには、太くて食べごたえのある脚の身がおいしいです。
みそがおいしい毛がにや、缶詰に多く使われるべにずわいがになども人気。
【写真】かに
旬

ずわいがに・たらばがに・べにずわいがには冬。
毛がには一年を通じておいしいです。

栄養価

高たんぱく低脂肪でカロリーも低め。
ゆでると赤くなるのはアスタキサンチンというカロチン色素のため。
摂取すると体内でビタミンAになります。

おすすめのレシピ

ゆでて二杯酢で食べるほか、刺身・鍋物で。
ずわいがには卵、毛がにはみそも楽しめます。

このメニューがマスターできたら、チャレンジしてみよう!!

別の素材でもチャレンジ!

別のメニューにもチャレンジ!

関連情報