さばのひとくち竜田揚げ

一口サイズのさばをしょうゆに漬け込み、カリカリに揚げた竜田揚げです。
骨がないので食べやすく、幅広い年代の方におすすめです。
皮ごと揚げるので、さばの栄養を逃がしません。

レシピ情報[1人分当たり]

主菜
 
揚げる
 
和食
 
エネルギー
237kcal
塩分
1.0g
調理時間
2030分
  • EPA213mg
  • DHA298mg

難易度4

  • 作り方
  • おさかなのマメ知識
  • 似ているメニューにチャレンジ!
【写真】さばのひとくち竜田揚げ
レシピをメール送信レシピを印刷

材料 [2人分]

さば(3枚おろし)中2枚
しょうゆ70ml
しょうが20g
片栗粉(衣)適宜
揚げ油適宜
大葉5枚
レモン1/6個
【写真】材料

作り方

  • 手順1

    さばは軽く洗ってペーパータオルで水気をふき、包丁ではら骨をそぐようにして取りのぞきます(画像:1-A)。
    半身を縦に切り、中央にある中骨を取りのぞきます(画像:1-B)。

    【写真】手順1
  • 手順2

    さばを一口大に切ります。

    ここがPoint!
    • さばは揚げると縮むので、少し大きめに切ります。
    【写真】手順2
  • 手順3

    ボウルにしょうゆ・すりおろしたしょうがを入れて混ぜ合わせ、(2)を入れてもむように汁をなじませ、5~10分間漬け置きます。

    【写真】手順3
  • 手順4

    ペーパータオルの上にさばを並べ、さらに上からペーパータオルをかぶせ、軽く押さえるようにして汁気を取ります。

    ここがPoint!
    • 揚げる時の油はねを防ぐために余分な汁気を取りますが、乾燥しすぎると衣が付きにくくなります。
    【写真】手順4
  • 手順5

    (4)に片栗粉をていねいに付け、余分な粉ははたき落とします。

    【写真】手順5
  • 手順6

    160~170℃の油に(5)を入れ、はしでさばを持ち上げて軽く感じるまで揚げ、バットに並べて余分な油を切ります。

    ここがPoint!
    • さばを入れた直後は音が大きく、小さな泡がたくさん立ちます(画像:6-A)。音が落ち着いて泡が大きくなり、鍋底が見えてきたら取り出しましょう(画像:6-B)。
    【写真】手順6
  • 手順7

    器に大葉を敷き、(6)を盛り、レモンを添えます。

アレンジ・調理のPoint!
  • 漬け込んださばの汁気をよく取り、片栗粉をまぶすと油はねせず、身がくずれにくくなります。
代わりに使える魚介類
  • あじ・かつお・まぐろ

おさかなのマメ知識

さば
秋に旬を迎える真さばのほか、輸入もののタイセイヨウサバや西日本で好まれるゴマサバなどの種類も出回っていて、日本でなじみ深い魚の一つです。
各地で獲れるので、産地ごとに長期間おいしく味わえます。
【写真】さば
旬

真さばは主に秋。ゴマサバは一年を通じておいしく食べられます。

栄養価

DHA・EPAの含有量は魚介類の中でもトップクラス。
血合い部分が多いため、鉄分・ビタミンBもたっぷり含まれます。

おすすめのレシピ

脂が多く、みそ煮・竜田揚げも定番。
新鮮なものをしめさばに加工して押し寿司などにも。

このメニューがマスターできたら、チャレンジしてみよう!!

別の素材でもチャレンジ!

別のメニューにもチャレンジ!