真鯛の手こね寿司

もともとは手でこねて作ったことから、「手こね寿司」と呼ばれる漁師料理です。余った刺身でも作れるお手軽レシピです。

【写真】真鯛の手こね寿司
レシピをメール送信レシピを印刷

レシピ情報[1人分当たり]

エネルギー
462kcal
塩分
2.2g
調理時間
30分

作り方

材料 [2人分]

真鯛(刺身用)160g
 しょうゆ大さじ1
 みりん大さじ1
1合
180cc
すし酢大さじ2
大葉4枚
小ねぎ少々
白ごま少々
甘酢しょうが適宜
  • 1 真鯛は5mm幅の薄切りにして、しょうゆ・みりんを混ぜ合わせた漬けだれに15分以上漬け込み、汁気を切ります。
  • 1 米は分量の水で炊き、あたたかいうちにすし酢を混ぜて酢飯を作り、さまします。
  • 1 (2)に(1)の半量を混ぜ合わせて、器に盛り付けます。
  • 1 (3)に(1)の残り・せん切りにした大葉・小ねぎ・白ごま・甘酢しょうがを彩りよく散らします。
アレンジ・調理のポイント
  • まぐろ・ぶり・はまちなど余った刺身でもおいしくいただけます。
  • 錦糸たまごを散らすと、よりキレイに仕上がります。
  • 余った切り身でも作れるお手軽レシピですが、小さめの飯台で酢飯を作り、そのまま器として盛り付ければ豪華なおもてなし料理にもなります。
  • 焼きのりを添えて手巻き寿司にしてもおいしくいただけます。

関連レシピ

関連カテゴリ・キーワード