かつおの刺身・銀皮造り

初がつおの腹側は、かつおのクセが苦手な方でも食べやすい、さっぱりした味わいです。やわらかく美しい皮目を生かした銀皮造りにして、背側の身と食べくらべても楽しいですね。

【写真】かつおの刺身・銀皮造り
レシピをメール送信レシピを印刷

レシピ情報[1人分当たり]

エネルギー
123kcal
塩分
1.0g
調理時間
1020分

作り方

材料 [2人分]

かつお腹側(刺身用サク)1/4尾
大葉5枚
みょうが1個
しょうが1片
だいこん(つま)適宜
しょうゆ適宜
  • 1 かつおは皮を付けたまま熱湯をかけ、氷水に取ってさまします。皮に包丁で切り込みを入れ、刺身用に切ります。
  • 1 大葉3枚・みょうが・しょうがは細切りにして、しょうがは水にさらします。
  • 1 器に(1)・(2)・だいこんのつま・残りの大葉を盛り付け、しょうゆを添えます。
アレンジ・調理のポイント
  • かつおの腹身に皮を付けた刺身を銀皮造りといいます。皮はかみ切りにくいので、横に何本か包丁で切り込みを入れます。背側の皮は硬いので、皮をとって刺身にしましょう。
  • 血合いの部分は臭みのもとになるので、においが気になる場合は除いた方がよいでしょう。
  • かつお特有のクセが気になる場合は、にんにくを添えてもよいでしょう。
  • 花穂じそや紅たでなどを添えると華やかな印象に。

関連レシピ