いわしの脂のまろやかさと梅のさっぱりとした風味がとけあった味わいは、いわし料理の王道です。
冷蔵庫で2日間ほど保存できますので、常備菜としてもどうぞ。

レシピ情報[1人分当たり]

主菜
 
煮る
 
和食
 
エネルギー
249kcal
塩分
1.4g
調理時間
10分

難易度3

  • 作り方
  • おさかなのマメ知識
  • 似ているメニューにチャレンジ!
【写真】いわしの梅煮
レシピをメール送信レシピを印刷

材料 [2~3人分]

いわし中5~6尾
しょうゆ100ml
100ml
砂糖大さじ1
梅干し中3個
【写真】材料

作り方

  • 手順1

    いわしは胸ひれの部分から包丁を入れ、頭を落とします。

    【写真】手順1
  • 手順2

    腹びれのまわりにある硬い骨を切り落とします。

    【写真】手順2
  • 手順3

    包丁の背で内臓をかき出しながら、肛門のあたりまで腹を切り開きます(画像:3-A)。
    腹の中をよく水洗いし、ペーパータオルで水気をふき取ります(画像:3-B)。

    【写真】手順3
  • 手順4

    鍋にしょうゆ・酒・砂糖を入れて中火で煮立て、いわし・梅干しを重ならないように並べ、ふたをして4~5分間煮ます。

    ここがPoint!
    • 煮汁はいわしの半身が隠れるくらいの量で、短時間でサッと煮上げましょう。途中で、いわしを裏返す必要はありません。
    • 梅干しの塩分が強い場合はしょうゆの量を減らし、砂糖をやや多めに。味付けは甘めの方がさっぱりいただけます。
    • いわし・梅干しは重ねずに並べると、梅干しの味がいわし全体に染み込みやすく、取り出す時にも皮がはがれにくくなります。
    【写真】手順4
  • 手順5

    煮汁をいわしの表面にていねいに回しかけ、鍋から取り出し、器に盛り付けます。

    【写真】手順5
代わりに使える魚介類
  • さんま・さば・あじ(大きさ:中)・かれい

おさかなのマメ知識

いわし
日本全域の近海で獲れる身近な魚です。一般的になじみのある種類はマイワシ。
脂がのっておいしさが増す梅雨の時期には『入梅鰯(にゅうばいいわし)』とも呼ばれます。
その他、小イワシと呼ばれるカタクチイワシや、めざしになるウルメイワシなどの種類もあります。
【写真】いわし
旬

夏から秋。

栄養価

青魚に多く含まれるEPAやDHAがたっぷり。カルシウムと、その吸収を助けるビタミンDも豊富。ビタミンB2・タウリン・鉄分なども多く栄養満点。

おすすめのレシピ

刺身やたたきなどの生食から、焼き物・煮付け・つみれなど多彩な料理法で楽しめます。

このメニューがマスターできたら、チャレンジしてみよう!!

別の素材でもチャレンジ!

別のメニューにもチャレンジ!