ねぎとろのまご茶漬け

漁師が「まごまごしている暇はない」と言って、急いで食べたことが名前の由来の漁師めしです。ねぎとろのうま味とだしの風味がよく合うお茶漬けです。薬味をたっぷりと加えて豪快にいただきましょう。

【写真】ねぎとろのまご茶漬け
レシピをメール送信レシピを印刷

レシピ情報[1人分当たり]

エネルギー
369kcal
塩分
1.4g
調理時間
10分

作り方

材料 [2人分]

ねぎとろ80g
ごはん茶碗軽く2杯分
小ねぎ20g
大葉4枚
おろししょうが小さじ1
白炒りごま小さじ2
しょうゆ小さじ2
刻みのり少々
少々
だし汁300cc
  • 1 小ねぎは小口切りにしてトッピング用に少しとりわけ、大葉は半量を粗みじん切りにします。
  • 1 ねぎとろ・おろししょうが・白炒りごま小さじ1.5・(1)・しょうゆをよく混ぜます。
  • 1 器にごはんを盛り、大葉を敷いて(2)を盛り付け、トッピング用の小ねぎ・残りの白炒りごま・刻みのりを散らし、塩を加えた熱々のだし汁を注ぎます。
アレンジ・調理のポイント
  • 薬味はお好みで長ねぎやみょうがなどもよく合います。
  • ねぎとろの代わりに、前日に残った刺身をそのままのせて朝食メニューとしてもおすすめです。

関連レシピ