さばの代表的なメニューで、ごはんにもおつまみにもよく合います。
サッと煮て煮汁をからめても、みそのうま味を染み込ませるようにじっくり煮込んでもおいしいです。

レシピ情報[1人分当たり]

主菜
 
煮る
 
和食
 
エネルギー
237kcal
塩分
2.7g
調理時間
1020分
  • EPA338mg
  • DHA473mg

難易度2

  • 作り方
  • おさかなのマメ知識
  • 似ているメニューにチャレンジ!
【写真】さばのみそ煮
レシピをメール送信レシピを印刷

材料 [2人分]

さば(半身)1/2尾
しょうが1片
大さじ2
砂糖大さじ2
140ml
赤みそ大さじ2
【写真】材料

作り方

  • 手順1

    さばは半分に切り、皮側から骨の近くまで十文字の切り込みを入れます。

    ここがPoint!
    • 切り込みを入れることで火が通りやすくなります。
    【写真】手順1
  • 手順2

    さばは皮を上にしてざるにのせ、皮がはがれないように静かに熱湯をかけて脂抜きをします。

    ここがPoint!
    • 熱湯をかけると、余分な脂や酸化した脂が落ち、くさみが取れます。
    【写真】手順2
  • 手順3

    しょうがは少量を残して針しょうがにし、2~3分間水にさらし、水気を切ります。

  • 手順4

    フライパンに残りのしょうが・酒・砂糖・水・赤みそを入れて火をつけ、煮立ったら(2)を皮側を上にして並べます。
    中心に十字の切れ目を入れたクッキングシートで落としぶたをし、ふたをして弱火で約5分間煮たら(画像:4-A)ふたをを取り、煮汁を回しかけながら(画像:4-B)さらに5~7分間煮ます。

    ここがPoint!
    • さばが重ならず、煮汁が半分くらいひたるサイズのフライパンを使いましょう。
    【写真】手順4
  • 手順5

    器に盛り付けて煮汁をかけ、(3)をのせます。

アレンジ・調理のPoint!
  • 骨付きの切り身を使うと煮くずれしにくいです。
  • みそは赤みそがおすすめですが、合わせみそ・白みそなどでもよいでしょう。
代わりに使える魚介類
  • ぶり・かつお・いわし

おさかなのマメ知識

さば
秋に旬を迎える真さばのほか、輸入もののタイセイヨウサバや西日本で好まれるゴマサバなどの種類も出回っていて、日本でなじみ深い魚の一つです。
各地で獲れるので、産地ごとに長期間おいしく味わえます。
【写真】さば
旬

真さばは主に秋。ゴマサバは一年を通じておいしく食べられます。

栄養価

DHA・EPAの含有量は魚介類の中でもトップクラス。
血合い部分が多いため、鉄分・ビタミンBもたっぷり含まれます。

おすすめのレシピ

脂が多く、みそ煮・竜田揚げも定番。
新鮮なものをしめさばに加工して押し寿司などにも。

このメニューがマスターできたら、チャレンジしてみよう!!

別の素材でもチャレンジ!

別のメニューにもチャレンジ!