ひじきと大豆の煮物

素材のうま味をたっぷり含んだだし汁でふっくらと煮込んだヘルシーなおそうざいです。
それぞれの個性豊かな歯ごたえも楽しんで。
おつまみやお弁当の具にどうぞ。

レシピ情報[1人分当たり]

副菜
 
煮る
 
和食
 
エネルギー
286kcal
塩分
2.3g
調理時間
2030分

難易度2

  • 作り方
  • おさかなのマメ知識
  • 似ているメニューにチャレンジ!
【写真】ひじきと大豆の煮物
レシピをメール送信レシピを印刷

材料 [2人分]

ひじき(乾燥)10g
大豆(乾燥)50g
200ml
油揚げ1枚
にんじん50g
サラダ油大さじ1
だし汁200ml
砂糖大さじ1
みりん大さじ1
しょうゆ大さじ1・1/2
【写真】材料

作り方

  • 手順1

    大豆は一晩水につけて戻します。
    そのまま火にかけて、弱火でやわらかくなるまで煮たら、ざるにあげて水気を切ります。

    ここがPoint!
    • 大豆は手で軽くつぶれるくらいまで煮ます。
    • 大豆の戻し汁にはうま味が出ているので、煮汁として使います。
    【写真】手順1
  • 手順2

    ひじきは水を替えながら砂を洗い落とし、5~15分間水につけて戻します。
    ざるにあげて水気を切ります。

    ここがPoint!
    • 生のひじきを使う場合も、同じように洗って砂を落とします。
    • ひじきが長い場合は約5cm長さに切ります。
    • 戻ったひじきは約10倍のボリュームになります。
    【写真】手順2
  • 手順3

    油揚げを熱湯(分量外)に入れ、裏表を返しながらしんなりするくらいまで湯通ししたら、ペーパータオルを敷いたバットにあげて水気を切ります。

    ここがPoint!
    • 表面の油を落とすと味が染み込みやすくなるので、必ず湯通ししましょう。
    【写真】手順3
  • 手順4

    油揚げは縦半分に切って細切りに、にんじんは4mm幅の細切りにします。

  • 手順5

    鍋にサラダ油を熱し、にんじん・ひじきの順に加え、軽く油がからむまで炒めます。

    ここがPoint!
    • にんじんを先に炒めておくことで火の通りが早くなります。
    • ひじきを炒めると、水分が飛び、歯ごたえが残っておいしくなります。
    【写真】手順5
  • 手順6

    大豆・油揚げ・だし汁を加え、煮立ったら砂糖・みりん・しょうゆを加え、汁気が少なくなるまで中火で煮詰めます。

    ここがPoint!
    • 中火で煮ながら混ぜ、鍋の底が見えるようになれば出来上がりです。
    【写真】手順6
  • 手順7

    粗熱を取ってから器に盛り付けます。

アレンジ・調理のPoint!
  • 生のひじきは乾燥ひじきの約10倍、蒸し大豆やゆで大豆は乾燥大豆の約3倍の分量でつくります。
  • ひじきは長ひじきでも芽ひじきでもよいでしょう。

おさかなのマメ知識

ひじき
縄文時代から食べられてきたという説もあるほど日本の食卓と関わりの深い海藻です。
収穫期は春ですが、ゆで干しにして出荷されたものが1年中楽しめます。
葉の部分にあたる「芽ひじき」はやわらかく、茎の部分にあたる「長ひじき」は食べごたえと風味が強いのが特徴です。
【写真】ひじき
旬

春。
乾物は1年を通じておいしいです。

栄養価

カルシウム・鉄分がたっぷり。
美肌効果があるビタミンA・食物繊維も豊富に含まれます。

おすすめのレシピ

煮物にするのが定番。
火を通せばサラダや和え物にも使えます。

このメニューがマスターできたら、チャレンジしてみよう!!

別の素材でもチャレンジ!

別のメニューにもチャレンジ!

関連情報

お魚の下ごしらえ
お魚の下ごしらえ
乾物をもどす
お魚の味付け
お魚の味付け
お魚料理と調味料

関連カテゴリ・キーワード