ぶり雑煮

「かつお菜」という伝統野菜が使われる福岡地方の雑煮を小松菜を使ってアレンジしました。あご(とびうおの煮干し)と昆布の滋味深くあっさりとしただしにぶりのうま味も加わった、上品な味わいです。

【写真】ぶり雑煮
レシピをメール送信レシピを印刷

レシピ情報[1人分当たり]

エネルギー
485kcal
塩分
2.0g
調理時間
2030分

作り方

材料 [4人分]

ぶり4切れ
もち(丸)8個
小松菜1/2束
だいこん4cm
にんじん1/4本
さといも小4個
かまぼこ(紅白)各4枚
1000ml
あご(煮干し)4~5本
昆布10cm
適宜
大さじ3
薄口しょうゆ大さじ1
  • 1 ぶりは塩(分量外)を全体にしっかりふって5~6時間おき、熱湯で表面が白くなるまでゆでます。
  • 1 小松菜はゆでて水気をしぼり、3~4つに切ります。
  • 1 だいこん・にんじんは約2mm厚さの輪切りにします。さといもは皮をむいてゆでます。
  • 1 鍋に水・あご・昆布を入れて火にかけ、沸騰したらあご・昆布を取り出します。
  • 1 別の鍋に(4)の昆布を敷き、もちを並べて水(分量外)を入れ、やわらかくなるまでゆでます。
  • 1 (4)に塩・酒・薄口しょうゆを加えて味をととのえ、(3)・かまぼこを入れてひと煮立ちさせます。
  • 1 器にもち・(1)・(2)・(6)を入れます。
アレンジ・調理のポイント
  • あごは内臓を取り除いて使います。煮干しがなければ、だしパックや顆粒だしを使ってもよいでしょう。
  • 小松菜の代わりにチンゲン菜・白菜などでもよいでしょう。
  • もちはだしがにごらないように別にゆでます。ゆですぎると溶けて崩れるので気をつけましょう。

関連レシピ

関連カテゴリ・キーワード

同じ材料を使った他のレシピ