白身魚のべっ甲丼

島寿司風の『づけ』を丼で手軽に。青唐辛子の代わりにトウバンジャンが入ったピリ辛の漬けだれとべっ甲色に染まった白身魚で食欲もアップ。

【写真】白身魚のべっ甲丼
レシピをメール送信レシピを印刷

レシピ情報[1人分当たり]

エネルギー
462kcal
塩分
3.5g
調理時間
30分

作り方

材料 [2人分]

白身魚(刺身用切り身)160g
ごはん茶碗2杯分
すし酢大さじ2
白炒りごま少々
刻みのり少々
かいわれ大根少々
【漬け汁】
しょうゆ大さじ2
みりん小さじ2
トウバンジャン小さじ1/2
  • 1 白身魚は薄いそぎ切りにします。
  • 1 【漬け汁】(しょうゆ・みりん・トウバンジャン)を混ぜ合わせ、(1)を約30分間漬け込みます。
  • 1 ごはんにすし酢をふり、しゃもじで切るように混ぜます。
  • 1 (3)を丼に盛り、(2)をのせます。白炒りごまをふり、刻みのり・かいわれ大根をのせます。
アレンジ・調理のポイント
  • 白身魚は、さわら・たい・ひらめ・はまち・わらさなどがおすすめです。
  • トウバンジャンは、お好みで分量を調節してください。
  • トウバンジャンの代わりに青唐辛子を使うと、伊豆諸島の郷土料理風になります。赤唐辛子粉や七味唐辛子を使ってもよいでしょう。

関連レシピ

関連カテゴリ・キーワード