あじのひゅうがめし

愛媛県の南予地方の郷土料理です。漁師や水軍が、火を使えない船の上でも手早くつくれる食事として始めたといわれています。あじの代わりにたいを使って「鯛めし」と呼ばれる場合もあります。

【写真】あじのひゅうがめし
レシピをメール送信レシピを印刷

レシピ情報[1人分当たり]

エネルギー
480kcal
塩分
2.6g
調理時間
1020分

作り方

材料 [2人分]

あじ2尾
ごはん茶碗2杯分
たまご2個
きざみのり少々
大葉(せん切り)少々
白ごま少々
【A】
大さじ1
みりん大さじ1
しょうゆ大さじ2
砂糖少々
だし汁大さじ3
  • 1 あじは3枚におろし、小骨と皮をとります。
  • 1 ボウルにたまごを溶きほぐし、(1)・【A】(酒・みりん・しょうゆ・砂糖・だし汁)を加えて10分程度漬け込みます。
  • 1 あたたかいごはんの上に(2)をかけて盛りつけ、きざみのり・大葉・白ごまを飾ります。
アレンジ・調理のポイント
  • あじとたまごは新鮮なものを使いましょう。あじはサッと酢で洗ったものを使ってもよいでしょう。
  • 薬味は、しょうが・青ねぎなどに代えてもよいでしょう。

関連レシピ

関連カテゴリ・キーワード