白身魚のマース煮

マース(塩)と泡盛で魚のうまみを引き出す、沖縄の伝統的な煮物です。暑い地域でも食べやすいあっさり味で、身近な白身魚でつくれます。

【写真】白身魚のマース煮
レシピをメール送信レシピを印刷

レシピ情報[1人分当たり]

エネルギー
223kcal
塩分
4.3g
調理時間
10分

作り方

材料 [2人分]

白身魚(すずき)2切れ(200g)
しょうが1片
長ねぎ1/2本
島豆腐1/4丁
140ml
泡盛大さじ2
塩(マース)大さじ1/2
あおさのり(アーサ)5g
  • 1 白身魚は大きめに切ります。
  • 1 しょうがは薄切り、長ねぎは約4cm長さ、島豆腐は大きめの一口大に切ります。
  • 1 鍋に水・泡盛・塩を入れて煮立て、(1)・(2)を入れてふたをし、弱火で6~7分間煮ます。あおさのりを加えて火を止めます。
アレンジ・調理のポイント
  • 時々白身魚に汁をかけながら煮ましょう。
  • お好みでたちうお・かさご・きす・鯛など、季節の白身魚にすると、より旬の素材を楽しめます。
  • 島豆腐は木綿豆腐、あおさのりはわかめ、泡盛は焼酎で代用してもよいでしょう。

関連レシピ

関連カテゴリ・キーワード