社長ご挨拶

【人物写真】日本水産株式会社 社長 大木伸介

私たちニッスイは、「水の水道におけるは、水産物の生産配給における理想である」との創業理念に基づき、水産資源への感謝の念を絶えず持ちながら、100年以上にわたり事業活動を行ってまいりました。
1911年、たった1隻のトロール船から始まったニッスイの歴史は苦難の連続でした。戦中・戦後、高度成長期を経て200海里時代を乗り越え、時代の変化に対応しながら事業構造の転換に取り組んでまいりました。また水産資源のサステナビリティや地球環境の保全も、今日ならではの重要課題として対応しています。
2015~17年の3年間、さらなる成長と企業価値の向上を目指して「中期経営計画MVIP2017」を策定して実行しています。この計画では、「変化に対応し、差別化できる独自の技術力を持つメーカーをめざす」「CSRに根ざした経営を推進し、広く社会に貢献するとともに、財務体質を強化し企業価値を高める」という私たちがめざす姿を掲げ、その実現に向けて全社一丸となって邁進しています。幸い中間年の2016年度までの進捗には手ごたえを感じており、ご支持いただいたお客様やステークホルダーの皆さまに心よりお礼申しあげます。
自然の恵みを受けて仕事をしている私たちは、今後も水産資源の持続的利用と地球環境の保全に配慮し、水産物をはじめとした資源から、多様な価値を創造し続け、世界の人々のいきいきとした生活と希望ある未来に貢献してまいります。
皆様には、一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申しあげます。

2017年6月
日本水産株式会社
代表取締役社長執行役員
最高経営責任者(CEO)
大木伸介