水産事業

漁業・養殖生産から加工、販売まで、水産物のグローバルサプライチェーンを構築、
水産資源の新しい価値を創出しています。

ニッスイの水産事業では、世界に広がるグローバルリンクスと各域内のローカルリンクスの協働により、国内外の水産資源にアクセスし、国内外の市場や食卓にお届けする水産物のサプライチェーンを構築しています。漁業や養殖、加工、販売などの各機能の強みを生かして安全・安心でおいしい水産物お届けしています。

鮮魚・冷凍魚のほか、これらを食材としてさまざまに加工した水産加工品や魚粉・魚油・養殖魚用配合飼料などの多様な商品を創出して、水産資源の新しい価値を創造しています。サケマス・スケソウダラ(フィレーやすり身・助子など)・エビ・マグロ・カニ・ブリ、油飼・ミールなどの天然資源を取扱うほか、国内外での養殖にも注力しています。

水産事業を展開するグループ企業

漁業

エムデペス社(チリ)

シーロード社(ニュージーランド)

共和水産(日本)

養殖

サルモネス・アンタルティカ
[S.A.]社(チリ)

黒瀬水産(日本)

弓ヶ浜水産(日本)

西南水産・金子産業(日本)

加工・販売

日本水産(日本)

ユニシー社(アメリカ)

ノルディック・シーフード社(デンマーク)

養殖の高度化

ニッスイでは国内外で養殖事業に取り組んでいます。天然種苗だけでなく人工種苗にも取り組み、現在ではブリ・ギンザケ・本マグロで拡大しています。種苗の孵化から育成、給餌、育成中の健康管理、加工も含めて個々の工程にニッスイ独自の研究開発の成果が生かされています。また、良質な養殖魚を作るために、育種研究を進めており、ブリの育種ではDNA鑑定を行うことでブリの家系図を作って、優良な親魚の特定や近親交配の防止を行っています。このような取り組みで、年間を通して十分な大きさで良質な肉質を持つ完全養殖ブリの出荷が可能になりました。

ニッスイグループの養殖事業