品質保証憲章

創業以来、変わることなく
大切にしている​
「食の安全・安心」への思い​

品質保証理念

素材の「おいしさ」「新鮮さ」を大切にし、​
お客様一人一人に満足いただける安全・安心で、​
価値ある品質の商品をお届けし、​
健康で豊かな食生活作りに貢献します。​

お客様の信頼と共感を得る為に、​
役職員一人一人が品質に対する自己の責任を全うし、​
顧客満足の向上にたゆみなき努力をつづけます。

第1条 品質方針

  1. 1.法令およびお客様の価値観に基づいて策定した自主基準を遵守した行動、商品づくりをする。​
  2. 2.養殖場、農場、養鶏場などの生産過程の管理を行い、最終製品までの一貫した品質保証体制の確立をめざす。​
  3. 3.使用する原料・副原料は、由来・履歴の確かなものとし、添加物を必要最少限度に抑えた商品づくりをする。​
  4. 4.HACCP管理に対応できる「施設・設備」、「管理システム」、「教育・訓練された従業員」を配する工場で商品を生産する。​
  5. 5.品質を損なうことなく商品を食卓へお届けできるよう管理された物流システムを維持・確立する。​
  6. 6.お客様との対話を大切にし、お客様に満足いただける商品づくり、商品・サービスの改善を進める。​
  7. 7.使用原料の由来・履歴、アレルギー物質、栄養成分、生産工程など商品に関する情報を正しく、わかり易くお客様に提供する。​

第2条 行動指針

  1. 1.一人一人が品質保証に関する自己の責任を自覚し、その役割を確実に果たす。​
  2. 2.お客様に安全で嘘のない、満足いただける商品をお届けするということを全ての行動の出発点とする。​
  3. 3.関連法規を備え、自分の行動が法規に違反していないかを常に確認するとともに、社会通念上適切な行動がとれているか、お客様の理解を得られているかを確認する。​
  4. 4.自分がお届けする商品の品質に常に関心を持ち、食品メーカーのプロフェッショナルとして、作り込む技の研鑽を重ねる。​
  5. 5.一人一人が決められた手順について、その目的・意味を理解し、決められた手順を守って業務を遂行する。​
  6. 6.開発から購買・生産・物流・販売の全ての過程で、常に技術の開発・向上に努め、独自の技術・ノウハウを活かして品質の向上をはかる。​
  7. 7.使用する全ての原料について規格保証書を入手し、遵法性、安全性について確認する。​
  8. 8.品質基準、製造基準、原材料配合表を遵守し、安定した品質の商品をお客様にお届けする。​
  9. 9.商品に関する使用原料から製造、流通に至るまでの記録を整理保管し、必要に応じて何時でも使用できる体制とする。​
  10. 10.各部署・事業所ごとに毎年、自部署の品質に関わる問題を整理し、改善の為の手段と目標を設定する。各部署では品質保証に関わる情報を共有化し、定期的に品質保証に必要な教育を実施する。​
  11. 11.お客様からのご不満があった場合には、敏速な行動によって事象を確認し対処する。また、お客様の声を商品改善に反映するための活動を推進する。​
  12. 12.食品事故が発生した場合には、お客様の立場にたって対応し、ただちに健康危害の有無、事故拡大の可能性を調査し、必要に応じて所轄保健所に報告すると共に、販売先との情報の共有、情報の公開、製品の回収などの措置を速やかに行う。​
  13. 13.品質方針、行動指針に反する事態が生じた場合には、事実関係を整理し、責任を明確にして、厳正な処置を行い、再発防止をはかる。​

第3条 品質保証基準

各部署で行われる品質保証の取り組みは、別途定める品質保証基準に拠り遂行されなければならない。​

  1. 1.品質保証に関する各部署の役割​
  2. 2.ニッスイ工場認定基準​
  3. 3.新商品導入時の基準​
  4. 4.表示の基準​
  5. 5.原材料の安全性確保の基準​
  6. 6.品質保証教育の基準​
  7. 7.流通時の品質保証の基準​
  8. 8.フードディフェンスの基準​

第4条 グループ企業

この品質保証憲章の内容は、グループ企業においても各条項について遵守すべく努めなければならない。​

制定日 2002年10月1日​
改訂日 2017年3月28日​