中期経営計画「Good Foods Recipe1」

2022年~2024年の3年間を対象とする中期経営計画「Good Foods Recipe1」をスタートいたしました。2030年の長期ビジョンを実現するための"もうワンランク上へ行くための変革" 「最初のレシピ」として取組んでまいります。

中期経営計画「Good Foods Recipe1」財務KPI

ROIC 5.5%以上、ROE 10.0%以上。中計KPIは2024年度計画:売上高7900億円、営業利益320億円、経常利益350億円、当期純利益225億円(2021年度実績:売上高6936億円、営業利益270億円、経常利益323億円、当期純利益172億円)

中期経営計画「Good Foods Recipe1」6つの基本戦略

中期経営計画達成に向け、6つの基本戦略で取り組んでまいります。

①サステナビリティ経営への進化

健康訴求、温室効果ガス排出削減、プラスチック削減、水産資源の持続的な利用、責任ある調達、人財の多様性の課題に全事業で取組んでまいります。

②グローバル展開加速

水産・食品は欧米を中心に拡大し、アジアでは事業基盤を確立します。EPAは世界中への供給を目指し、海外所在地売上高比率34%(2021年度実績)→38%程度(2024年度計画)を目指します。

③新規事業・事業境界領域の開拓

企画・マーケティング力、R&D機能の強化で、健康領域商品、代替タンパク等の商品をご提案すると共に、生産地と顧客を結ぶ"水産物の流通プラットフォーム"の展開で、お客様の多様なニーズにお応えします。

④生産性の革新

AI/IoT活用による"養殖事業の先鋭化"、DXの活用による食品工場・ファインケミカル工場での"スマートファクトリー化"など、価値創造の質とスピードを上げて取り組みます。

⑤財務戦略

各事業の収益性向上に加え、キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)による運転資本管理や政策保有株式等の資産売却を行うことによりROIC改善に取り組みます。またROICの高い事業に経営資源を注力するなど、事業ポートフォリオの最適化を図ります。

キャッシュアロケーション方針として、成長に向けた投資を行いつつ、株主還元を強化し配当性向30%以上を目指します。投資は完成ベースで総額1,200億円(設備950億、M&A枠250億)を計画しています。

⑥ガバナンス強化

多様性や求められるスキル等を検討し、最適な取締役会の構成を目指します。また、子会社役員の指名報酬制度を再構築し、子会社取締役会の実効性を向上させるとともに、投資実行の事前審査、実行後のモニタリングを推進し、グループガバナンスを強化します。

中期経営計画「Good Foods Recipe1」の詳細はこちらをご覧ください。

IR情報