WWFジャパン「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に参画

2022年02月22日

日本水産株式会社(代表取締役社長執行役員 浜田 晋吾、東京都港区、以下「ニッスイ」)は、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン( World Wide Fund for Nature Japan、会長 末吉竹二郎、東京都港区、以下「WWFジャパン」)が提唱する「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に2月22日参画することを表明しました。

「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」は、2025年をマイルストーンとして、包装容器や使い捨てプラスチックに関する以下の5つのコミットメントを掲げ、「持続可能なサーキュラー・エコノミー」(*1)のアプローチにより、プラスチックに関する諸問題の解決を目指す枠組みです(*2)。
●問題のあるもの、および必ずしも必要のないものの使用を取りやめる。
 代替素材への切り替えの際は、その持続性を十分考慮する
●可能な限り、リユース(他の素材へのリユースを含む)へと切り替える
●可能な限り、リユース、リサイクル可能なデザインとする
●リサイクル素材の意欲的な使用目標を設定する
●リユース、リサイクル率を向上させるためにステークホルダーと協力する
参画企業は2025年までに容器包装や使い捨てプラスチックについて、上記5つのコミットメントに取組みます。

地球や海の恵みを受けて事業を営むニッスイにとって、海洋プラスチック問題への取組みは責務と考えています。取組む上では自社のみでは解決できない課題も多いことからステークホルダーとの協働が必要と考え、「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に参画しました。他の参画企業各位とともに、社会に向けてメッセージを発信していく考えです。

【ニッスイのプラスチック問題への取組み】
2020年2月に「ニッスイグループ プラスチック問題に対する基本方針」を制定し、容器包装に関しては、商品保護や品質保持などといった本来の機能を維持しながら、環境に配慮して可能な限りプラスチックの使用量を削減することに取組んでいます。CSR委員会配下に、「プラスチック部会」および「容器包装エコプロジェクト」を設置し、ニッスイブランドの全商品カテゴリにおける容器包装とグループの生産工場で発生する廃プラスチックを対象に、「3R+R」(*3)を推進しています。また「海洋環境部会」では、海洋プラスチック問題の改善のため、プラスチック製漁具の海洋流出防止にも取り組んでいます。

●ニッスイ独自のエコマーク「みらいの海へ」の導入
ニッスイの「容器包装選定ガイドライン」および本マークの表示基準を満たした商品に表示するもので、2021年3月1日発売の新商品から表示を開始しています。

「みらいの海へ」表示例

「みらいの海へ」表示例


●プラスチック製漁具の海洋流出防止
GGGIが示す漁具の管理ルールに従い、国内グループの漁業・養殖会社での漁具の管理ルールの強化を進めています(*4)。また、2024年度末までに、養殖用のナイロンカバー発泡スチロール製フロートの使用を止め、より海洋へのプラスチック流出リスクの低いフロートへの切り替えを完了することを目標にしています。

*1 「持続可能なサーキュラー・エコノミー」
サーキュラー・エコノミーとは、これまでの一方通行の経済に対して、製品やサービスを設計する段階から新たな資源の投入や廃棄をできるだけゼロに近づけるようデザインした上で、回収・リユース・リサイクルの推進等によって、限りある資源を永く循環させながら使い続け、廃棄物をゼロに近づけていく社会経済のしくみ。  これに①リデュース(発生抑制)②リユース(再使用)③リサイクル(再生利用)④熱回収⑤焼却・埋め立ての優先順位に基づいて取り組むことにより、大量生産・大量消費・大量廃棄を前提とせずに地球の限界の範囲内でサーキュラー・エコノミーへの転換を図ることができる。

*2 「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」
https://www.wwf.or.jp/campaign/pcc2025/


*3 「3R+R」
リデュース・リユース・リサイクルおよびリニューアブル(再生可能な資源に替える)

*4漁具の管理ルールの再構築
GGGI (Global Ghost Gear Initiative、漁具の海流出に取組む国際団体)による"Best Practice Framework for the Management of Fishing Gear"に沿ったもので、「防止」「緩和」で構成され、漁具や設備状態のチェック、従業員への教育、使用済み漁具の適切な処分、万一の漁具の紛失・遺棄があった場合の報告フローを含んでいます。

以 上