100年の歩み

ニッスイは、1911年の創業以来、100年以上にわたり日本の水産業を支えてきました。

1911年3月

創業者・田村市郎が国司浩助を英国に派遣、スミス造船所で湊丸を竣工

創業者 田村市郎

功労者 国司浩助

湊丸

1911年5月

田村市郎、田村汽船漁業部を下関に創業、国司浩助等とトロール漁業に着手(日本水産の創業)

田村汽船漁業部

1917年3月

日本水産の社章を商標登録

日本水産の社章

1917年9月

田村汽船漁業部は日本トロールと改称、共同漁業がこれを吸収合併

1920年2月

民間初の水産研究機関・早鞆水産研究会を設立

早鞆水産研究会

1927年11月

ディーゼル機関を搭載したトロール船「釧路丸」を竣工

釧路丸

1930年5月

共同漁業が漁業根拠地を下関から戸畑に移転完了

1934年7月

日産コンツェルンに参画

1937年3月

共同漁業、日本水産株式会社に社名変更

1943年3月

日本海洋漁業統制株式会社設立

1945年12月

日本海洋統制から日本水産に社名を復す

1952年5月

天龍丸船団、戦後初の母船式サケマス漁業に出漁

1952年10月

戸畑工場にてフィッシュソーセージの本格的生産を開始

1959年4月

体質改善5か年計画開始

1962年6月

八王子工場竣工

1967年2月

洋上冷凍すりみの生産を開始

1970年7月

フィッシュソーセージ・ハムの原料にスケソウダラすりみを使用開始

1974年3月

米国にニッポンスイサンU.S.A社を設立

1978年10月

チリに漁業拠点としてエムデペス社設立(サンチアゴ)

1985年8月

米国のユニシー社が100%子会社となる

1987年9月

家庭用冷凍食品「Cook For Me ちゃんぽん」発売

1988年12月

チリのサルモネス・アンタルティカ社、関係会社となる

1989年9月

家庭用冷凍食品「Cook For Me 焼きおにぎり」発売

1990年2月

チリにニッポンスイサン・アメリカ・ラティーナ(N.A.L.)社設立

1990年3月

EPA医薬品承認および、つくば工場の医薬品製造許可を取得

1990年8月

持田製薬とEPA製剤「エパデール」を共同開発

1993年12月

中央研究所大分海洋研究センター完工

1997年10月

コーポレートブランドマークを統一

2001年1月

ニュージーランドの水産会社シーロード社に資本参加

2001年10月

北米の家庭用水産調理冷凍食品ブランド「ゴートンズ」を取得

2002年3月

アラスカ・オーシャン・シーフーズ社に資本参加

2002年7月

卵白を使用しないフィッシュソーセージを発売

2004年1月

国内ぶり養殖の黒瀬水産株式会社を設立

2004年4月

特定保健用食品「イマーク」の通信販売を開始

2004年11月

冷凍食品・常温品を生産する株式会社ハチカンを設立

2005年7月

米国の業務用水産調理冷凍食品会社キング・アンド・プリンスを取得

2006年3月

国内漁業会社の共和水産株式会社に資本参加

2006年4月

産物販売会社3社ノルディック・シーフード社(デンマーク)、F.W.ブライス社(米国)、ノードシー社(ブラジル)に資本参加

2007年4月

日水物流株式会社設立

2007年9月

留め金を使用しない「エコクリップ おさかなのソーセージ」を発売

2007年10月

水産食品加工会社シテ・マリン社(フランス)の株式取得

2008年6月

北米 グレイシャー フィッシュ カンパニー社に資本参加

2008年10月

鹿島工場竣工

鹿島工場

2011年4月

東京イノベーションセンター竣工式

東京イノベーションセンター

2011年5月

創業100周年を迎える。「日本水産百年史」「日本水産魚譜」が刊行される。

2013年12月

国内銀ざけ養殖の弓ヶ浜水産株式会社を設立

2014年8月

本社を港区西新橋に移転

2016年3月

日水物流株式会社大阪舞洲物流センター竣工

2017年5月

ファインケミカル総合工場鹿島医薬品工場が竣工

ファインケミカル総合工場鹿島医薬品工場

さらに詳しい100年の歩みは沿革をご覧ください。