100年の歩み

ニッスイは、1911年の創業以来、100年以上にわたり日本の水産業を支えてきました。

1911年5月

田村市郎、下関で田村汽船漁業部を創業

創業者 田村市郎

創業当時の田村汽船漁業部観音崎事務所

1911年5月

国司浩助、田村市郎の命により英国でトロール船湊丸を建造し日本まで回航
トロール船湊丸、本船をもって事業開始

功労者 国司浩助

トロール船湊丸

1917年7月

日本水産の社章を制定した

社章

1919年9月

田村汽船漁業部から共同漁業株式会社に組織変更

1920年2月

国司浩助、田村市郎の命により英国でトロール船湊丸を建造し日本まで回航
トロール船湊丸、本船をもって事業開始

1928年11月

最新技術の導入による海外漁場の開拓を開始

姫路丸

1929年12月

根拠地を下関から戸畑へ移転
消費地への水産物流通供給拠点として漁業・製氷・冷蔵・冷凍・加工・流通・販売の機能を備えた

戸畑漁港の建設予定図

1937年3月

社名を日本水産株式会社に改称
日産コンチェルンに参画し、本社を日産館に移転

日産館

1943年3月

水産統制令により日本海洋漁業統制株式会社を設立、冷蔵・冷凍・加工・販売部門を帝国水産統制(現在のニチレイ)に譲渡

1945年8月

太平洋戦争で在外資産、船舶など深刻な被害を被った

トラック島岩礁で沈没した第三図南丸

1952年5月

戦後初の母船式
さけ、ます漁業に出漁

天龍丸

1952年10月

まぐろを使用したツナソーセージを戸畑工場で開発し本格生産を開始した

現在の戸畑工場

1959年4月

体質改善5か年計画に着手

1967年2月

洋上すりみの本格生産開始

総合工船峰島丸

1970年10月

当時世界最大の船尾式トロール船大和丸が竣工

船尾式トロール船大和丸

1980年

千葉大学医学部と提携、EPA効果測定の実施検証に着手

持田製薬の「エパデール」

1988年12月

チリにサルモネス・アンタルティカ(S.A.)社を設立、銀鮭の養殖を開始

S.A.社

1989年9月

家庭用冷凍食品焼きおにぎり発売

COOK FOR ME焼きおにぎり

1993年12月

養殖関連の研究開発拠点として大分海洋研究センターを設置

大分海洋研究センター

1997年10月

事業別に分散していたブランドマークをひとつに統一

2001年1月

ニュージーランド最大の水産企業シーロード社に資本参加、ニッスイグローバルリンクスの形成の足掛かりとなった

2001年10月

アメリカの水産調理冷凍食品のカテゴリーでトップシェアにある、ゴートンズ社を取得

ゴートンズ社

2004年1月

黒瀬水産設立
宮崎県串間市に設立、国内ぶり養殖・加工事業に参入

黒瀬ぶり

2011年1月
創業100周年

東京イノベーションセンター竣工
これからの100年を支える研究開発拠点として八王子市に竣工

東京イノベーション センター

2011年1月

本社移転
オフィス環境整備による業務効率の改善を目的に、本社を東京都港区西新橋へ移転

本社

さらに詳しい100年の歩みは沿革をご覧ください。