活き活きおさかなスクール

お魚の選び方 ~1尾・切り身・パック詰め~

おいしい魚料理は、鮮度のよいお魚選びから。
種類を問わず共通の基本的なチェックポイント・独自の見分け方があるお魚・パックに入ったお魚の食品表示についてご紹介します。

1尾で購入する場合(例:いわし)

【図】お魚の選び方 1尾で購入する場合(例:いわし

魚種別購入Point!

あじ
ぜいごがくっきりとしてとがっている。
かます
ひれが黄色い。
かれい
表面につやがあり、腹側は白く透明感がある。
目がギョロッと出ている。
さんま
背が青く光っている。
肩が張っていて口先が黄色またはオレンジ色。
【写真】さんま
たい
目の上が青紫色。
天然ものは背にも青紫の模様が点々とある。体の表面が赤く鮮やかで、鼻の穴が合計4個に分かれている。
養殖ものは背が焼けて茶色く、鼻の穴が縦に2個つながったような形。
わかさぎ
透明感があり、光っている。
腹の薄皮がしっかりしている。

切り身で購入する場合(例:さわら)

【図】お魚の選び方 切り身で購入する場合(例:さわら)

魚種別購入Point!

さけ
皮は白とグレーのコントラストがくっきりし、裏返すと骨が身から突き出て見える。
たら
ぬめりがあり、血合いは濃いピンク色。身は透明感があるピンク色。
鮮度が落ちると白くなる。
さば
身は赤みがかったピンク色で透明感がある。割れた部分に角があるものがよい。
【写真】割れた部分に角がある
ぶり
血合いが鮮やかで身に透明感がある。
鮮度が落ちると身が白くにごってくる。
かれい
身は切り口のつやがよく、すじがはっきりしている。ひれはぴんと立っている。
【写真】すじがはっきり・ひれがぴんと立っている
たちうお
表面に傷が少なく、ぬめりがない。
きんめだい
表面につやがあり、身に透明感がある。

パック詰めされた魚を購入する場合

パックの底に敷いてある吸水シートに水や血が出ていないほうが新鮮です。
生食用以外の魚は、

  • 名称
  • 原産地
  • 養殖品か
  • 解凍品か
  • 消費期限
  • 保存方法

などが表示されています。

【図】パック詰めのチェック箇所

関連情報

お魚の下ごしらえ
お魚の下ごしらえ
いわしの手開き
お魚の選び方
お魚の選び方
いか・貝類