鯛とふきのとうのイタリアングリル

香ばしく焼いた鯛とオリーブ油で焼いた春野菜のほろ苦さがよく合います。

  • 調理時間​

    10~20

  • エネルギー​

    241kcal

  • 塩分​

    0.6g

材料 [ 2人分 ]

鯛(皮付き)
1/2尾
 塩
少々
ふきのとう
6個
ミニトマト
6個
オレガノ(乾燥)
大さじ1
少々
オリーブ油
適宜

作り方

  1. 鯛は約1.5cm幅に切り、塩を振ってしばらくおき、水気をふき取ります。
  2. フライパンにオリーブ油を熱し、ふきのとう・ミニトマトを薄く焦げ目が付くまで焼き、取り出します。
  3. (2)のフライパンにふたたびオリーブ油を加えて熱し、(1)を皮目側から先に、両面をこんがり強火で焼きます。
  4. 器に(2)・(3)を盛り付け、オレガノ・塩・オリーブ油をかけます。

    \ POINT /

    • ふきのとうの代わりに、菜の花・アスパラガス・スナップえんどうなどの春野菜を使っても季節の風味を楽しめます。
    • 生のオレガノを使うと、いっそうスパイシーな香りが楽しめます。
    • 野菜を焼くときは、たっぷりとオリーブ油を使います。途中で野菜が油を吸ってしまったら、油を追加してもよいでしょう。
    • 鯛は皮目側から焼いて、香ばしくパリパリに仕上げます。縮んで丸まらないようにフライ返しなどでおさえながら焼き、裏返したらすぐに火を止め、余熱で火を通します。
    • フライパンの代わりに魚焼きグリルを使う場合は、(1)にオリーブ油をぬり5~6分間、ふきのとう・ミニトマトは約4分間中火で焼きましょう。

ほかのレシピを探す

条件から探す

同じ食材を使ったレシピ

同じタイプのレシピ

最近見たレシピ

ニッスイいいね!

世界中の人々の健康のために、世界中の海がキラキラと輝くために、
ニッスイができること。

レシピ特集

レシピ特集