公開日:2013年10月30日

リーズナブルで栄養たっぷり あらで作れる!おさかな料理

うま味と栄養を活かしておいしく料理しよう!

「あら」とは、お魚をおろした後に残る頭・かま・中骨などのこと。身がたくさん付いたあらは、だしを取るだけでなく、食べごたえのある料理の素材としても利用できます。
切り身におとらない栄養があり、たい・まぐろなどの人気のお魚もお手ごろ価格で入手できることが多いので、下ごしらえや小骨を取るひと手間が気にならないならどんどん活用したいですね。

POINT1 普通の切り身と栄養面の違いは?

頭部から胸びれまでの身はEPA・DHAなどの不飽和脂肪酸を多く含み、皮や目の周辺はコラーゲンが豊富。ぶり・まぐろなどのあらは、血合いの部分が多いので鉄分が豊富です。

POINT2 下ごしらえのポイントは?

くさみの原因となるえら・内臓をていねいに取りのぞき、「湯通し」・「霜降り」などで表面のよごれ・うろこ・ぬめりを取りましょう。
あらを霜降りにする

たいの上品なだしをシンプルに味わう

たいのあら汁
調理時間:
20分~30分
エネルギー:
129kcal
塩分:
1.0g

ぶりのうま味がだいこんにしみた定番煮物

ぶりだいこん
調理時間:
30分~
エネルギー:
104kcal
塩分:
2.0g

濃厚な味わいのぶりかまはシンプルな塩焼きで

ぶりかまの塩焼き
調理時間:
10分~20分
エネルギー:
197kcal
塩分:
2.1g

パパッとつくれるスタミナたっぷりおかず

まぐろのあらの中華炒め
調理時間:
10分~20分
エネルギー:
327kcal
塩分:
3.1g

北海道のあったか郷土料理

石狩鍋
調理時間:
20分~30分
エネルギー:
537kcal
塩分:
4.3g

ニッスイ みんなのしあわせごはん

レシピ特集

レシピ特集

ニッスイいいね!

世界中の人々の健康のために、世界中の海がキラキラと輝くために、
ニッスイができること。